初代信じようと信じまいと

信じようと、信じまいと―

 

ドイツのアイゼナハ地方に生きている館があったという。

入るたびに部屋の位置や廊下の形が変わるのだそうだ。

1972年、大学の調査隊が訪れた際、学生の一人が誤って壁を傷つけてしまった。

すると、大きなさけび声に似た音が館に響き、それ以降不思議な現象はおきなくなったという。

 

信じようと、信じまいと―

 

1922年、メキシコの石器時代の遺跡から銃弾と銃殺された石器人の骨が出土した。

翌年、発見者のカーナボン氏は趣味のボウガンの暴発で死亡。

矢のあたった場所は発見した骨と同じこめかみであった。

現在、石器人の死因は鈍器によるものであるとされている。

 

信じようと、信じまいと―

 

アメリカ、ノースカロライナ地方で1960年とある女性が、

自分は宇宙人にさらわれたと言った。

別に体に異常はなかったのだが、不思議な事にその女性がその後妊娠すると、

破水はしたのだが結局何も生まれてこなかったという。

 

信じようと、信じまいと―

 

明治35年の9月3日、山形県のとある村で男の子が生まれた。

助産婦とその母は、その子供を見るとすぐに右目を包帯で隠した。

その男は40歳で死ぬまで包帯を巻き続けた

 

信じようと、信じまいと―

 

ロンドンで、5年間行方不明だった男が当時の格好のまま発見された。

その男の話によると、男は二階建ての建物のエレベーターに三階のボタンがあるのを発見した、

そして、好奇心からそのボタンを押して外に出ると5年が経過していたという。

そのビルは男が消えてから5年間の間に三階に建て増しされていた。

 

信じようと、信じまいと―

 

乗客を乗せていたら突然消えてしまったと言うタクシー怪談。これは、その元となった実話。

恋人を殺害し、城ヶ湖という湖に捨てた男が車で帰宅途中に悪臭。トランクの中に死体が入っていた。恐ろしくなってもう一度捨てに行くと、今度は自宅に死体があったという。男は恐怖して自供。

管理人の話によれば、男はその日外には出てないと言う。夢でも見たのだろうか?それとも…

 

信じようと、信じまいと―

 

ヨハネ・パウロ一世。フリーメイソンと癒着し、腐敗したバチカンを改革するべく法王となったが、在位わずか33日間で死去。

朝ベットで横になったまま死んでいるのを発見されることになった。

以前の健康状態に全く問題はなく、前日も健康そのものの状態。しかしバチカンはなぜか解剖を行わず、血液を一滴でもとることを許さなかった。

そして、なぜかその死が発覚する30分前に葬儀屋が呼ばれていたという。

 

信じようと、信じまいと―

 

南アフリカのある地方に、動く人形があるという。

イギリス人記者が、それがあるほこらに行ったところ、突っ立ったままで動こうとしない。

その事を現地人に報告すると彼らは一気に青ざめた。その人形は、座っているはずだと。

記者がそこに戻ると、人形は座ったままで微笑んでいた。

 

信じようと、信じまいと―

 

1989年アメリカのコロラド州に住むJが、ネットの掲示板上での殺人予告を見つけた。

その日Jは過ちで見ず知らずの老婆を轢いてしまい、警察が身元を調べると、

なんとその老婆はあの殺人予告でJの見た被害予定者だったのだ。

しかし、調べてもJの言うそんな書き込みはどこにも存在しなかった。Jは何を見たのだろう。

 

信じようと、信じまいと―

 

東京都渋谷区、井の頭通り付近に決して開かないマンホールがある。

その厳重さはマンホールの内部に鉛を注入してある程である。

そして、そのマンホールの内側から何か物音を聞いた者もいるそうだ。

その地下には、下水もガス管も地下鉄も存在していない。一体何に蓋をしているのだろうか?

 

信じようと、信じまいと―

 

戦後まもなくの話だ。中国、燕赫村の森林地帯で未確認生物の足跡が発見された。

中国政府の調査隊が調査を行ったが、厳重な監視にもかかわらず、足跡は増えるばかりであった。

1960年代に入って再び本格的に、今回は監視カメラを用いての調査が行われた。

録画テープには驚くべきものが映されていた。上に何もない地面に、ただ足跡だけが歩いていたのだ。

 

 

信じようと、信じまいと―

 

都内某所の女子高に閉ざされた螺旋階段がある。

窓のひとつもないそこを降りていくと、やはり窓のひとつもない小部屋がひとつ。

その床の真ん中に、なぜか電話が置かれている。

電話線はもちろん通じていないが、時々閉鎖された扉の前を通るとコール音が聞こえるという。

 

 

信じようと、信じまいと―

 

17世紀、欧州でヨハネス・アラルダスという男がユダヤ人の恋人とともに処刑された。

罪状は獣姦。当時、獣姦は死罪になるほどの罪だった。

獣姦なんかしていないというヨハネスに裁判官は言った。

「なぜなら、ユダヤ人との性交は人間が犬と交わるのと全く同じだからである」

 

 

信じようと、信じまいと―

 

北海道1966年2月4日、千歳空港に向けて乗用車で走行中の家族があった。その日の不思議な出来事。

空港まではほぼ一本道であるはずなのに、ずっと進むといつのまにか逆方向を走っているのだ。

何度向きを変えても、元の場所へと戻されてしまい、結局予約した飛行機を乗り逃してしまった。

しかし乗り損なったそれは、その日に東京湾へ墜落した羽田沖全日空遭難事故の機体であったという。

 

信じようと、信じまいと―

 

1689年アメリカ、オレゴンで馬鈴薯農家のAが友人を殺害。自分の畑の近くに大きな穴を掘り埋めた。

翌年収穫したジャガイモを自宅で食べると、なんと中から殺した男の指の骨が出てきたという。

他の出荷したジャガイモにも男の様々な部分の骨が混入しており、Aはその後逮捕された。

埋めた場所は畑からある程度離れており、何故ジャガイモに混入したのかは誰にもわからなかった。

 

ベルギーの北部に「神隠しの森」と呼ばれている場所がある。そこへ行くと必ず誰かが消てしまうと、

現地の人は怖がって近づこうとしない。日本人の大学生グループが遊びでそこに寄った時の事だ。

森に入り、出てくるとその5人は一応お互いに確認し、誰も消えていないと安心していたが、

帰国の際、宿で荷物をまとめると見知らぬ日本製のバッグが残ってしまった。一体誰の物だったのか?

 

 

 

フランスの南、カンブレの村にはきれいな水の出る井戸があった。

水量も豊富で、村の人間はそれを長年大変重宝にしていたのだが、

1862年、その水が急に出なくなったので、村人が井戸の底へと下って行くと、

水脈はおろか水脈があった形跡すらなく、ただ石の床があるのみ。彼らは何を汲んでいたのだろうか?

 

 

信じようと、信じまいと―

 

6月のある日イギリスの議員バリー・チャーチの懐中時計が、8時20分で急に止まってしまった。

時間がわからなくなったため、彼はとにかく急いで議会へと向かった。議会へと到着した彼が、

議会の時計に目をやると、ちょうど針は8時20分を指していた。そして、その瞬間に彼の懐中時計が

また再び動き出したという。「急ぎ過ぎたチャーチ」、以来これが彼のあだ名となった。

 

 

信じようと、信じまいと―

 

エレベータから出てきた五年前の男の話には、こんな続きがある。その話を聞いた別の男が、友人と共にそのビルへ行った。ビルが、再び建て増しすると聞いたからだ。そして、

4階のボタンを発見。男と友人はそれを押してみた。しかし、彼らはドアが閉まる前に恐ろしい事を

聞く。建て増し計画が無くなったというのだ。友人は慌てて降りたが、男は二度と戻ってこなかった。

 

 

信じようと、信じまいと―

 

トルコの名家、ヨルゲン家で1854年に起きた事件。

当時のクリミア戦争の戦火を逃れるため、ヨルゲン一家は中央ヨーロッパへの移住を計画。

逃亡のための荷物をまとめているさなか、当時6歳だった嫡男のロイが倉庫にあった箱の中から、

一枚の肖像画を発見。そこにはロイによく似た男児が描かれており、その題名は「1854年」であった。

 

 

信じようと、信じまいと―

 

エリコというイタリアの数学者が、0と1が等しいという証明をしたという。

彼は、友人の前で紙にさらさらと証明を書いて、それ自慢げに説明をした。

説明が終わり、友人がさっぱりわからず紙から目をあげると、エリコの姿は消えていた。

再び紙に目をおろすと、今しがた書いた式も消えていた。

 

 

 

信じようと、信じまいと―

 

18世紀、現在のオーストリアにあたる地方でカミーユという女が子供を孕んだが、相手の男が失踪。

女は男が戻るまでけして産まないと決心したという。その後の数十年、男が戻ることはなく、

また彼女は何も産むことなく腹は際限なく膨らんでいった。結局、男は現れず、

そのままカミーユは死んでしまった。そして、彼女の腹からは老人の死体が出てきたという。

 

 

信じようと、信じまいと―

 

アイルランドのクリスという男は、自分が囚人であるという夢に悩まされていた。

精神科医にも通ったが、一向に回復しない。しかしこの男、実際はジョージという囚人であり、

クリスというのは夢の中の自分であった。それでも、彼は獄死するまで自分はクリスと信じ続けた。

あなたは今、本当に目を覚ましていますか?

 

 

信じようと、信じまいと―

 

ロサンゼルス。1992年にとある男が精神病院に運ばれた。男の話はこうだ。昨夜、コンビニに行くと、

真っ赤な監視カメラがあった。色が色なので気になっていると、その後に行ったコインランドリーや

公衆電話にもそれがあった。そして、自宅の玄関にもそれが付いていたのを見て、気絶したという。

男はその後、謎のショック死をした。顔は天井を向き、何かに怯えているようだったという。

 

 

 

 

信じようと、信じまいと―

 

日本人カメラマンが、ロシアのノヴォクズネツクにあるホテルに泊まったときの話だ。

彼は、窓から見える美しい湖を撮影するため、そこに泊まっていたのだが、

なんと2月だとというのに、湖で泳ぐ青年をレンズ越しに発見。良い被写体と思い、

彼はホテルから出てそこへ向かったのだが、そこに人の気配は無く、湖には分厚い氷が張っていた。

 

 

信じようと、信じまいと―

 

ギリシアの西部に住民から底なし池と呼ばれている池があった。国の調査員が国土の把握のため、

ボートからワイヤーを垂らして計測したのだが、100m垂らしても、一向に底に着かない。

その時ワイヤーが強い力で下に引っ張られ、ボートが破損。国は危険と判断し、池の埋め立てを決定。

トラックで土を流し込んだのだが、何故かすぐに埋まり、今地面を掘っても土があるばかりだという。

 

 

信じようと、信じまいと―

 

1812年、イタリアのアロルドという男が自費出版で100冊ほど本を作った。

彼は、近くの書店に50冊ほど置いてもらい、残りは自分で保管していた。しかし、出版一週間後に、

彼の家が火事で焼け、本は焼失し、彼も死亡。さらに、書店にあった本には全て虫喰いが発生。

現在、完本は一冊も存在していない。その題名は、「奇跡の起し方」であった。

 

 

信じようと、信じまいと―

 

1994年、ルーマニアでオズロという男が右目に角膜移植をした。

翌年、彼は失踪。彼の家の鏡、ガラス、その他あらゆる反射物は割られ、粉々になっていたという。

彼の机から、日記が発見された。日記には移植の日を境に、ある言葉が大量に書かれていた。

「右目が俺を睨んでいる」

 

信じようと、信じまいとー

最新情報をチェックしよう!

長編の最新記事8件

You cannot copy content of this page