呪詛返し

その子を初めて見たのは 母親に連れられ 説法を聞きに お寺に来ていた時でした。

若い子には 退屈な話の様で 彼女は下を向いたり 庭を眺めたりしていました。

 

私は廊下の隅に座り その様子を微笑ましく思いながら見ていると 私と彼女の目が合い 彼女はばつが悪そうに 前を向き大人しく説法を聞いていました。

 

休憩の時 お茶やお茶請けを出した後 彼女に声を掛け 別室に招きました。

 

私 「随分 若い方がお見えになってると思っていたのよ。でも…退屈でしょ?」

 

と 微笑みながら言うと 彼女も頷いて 笑顔になりました。

 

私 「高校生ぐらい?」

 

彼女 「はい。2年です。」

 

私 「こういう所は 初めて?」

 

彼女 「はい。お母さんがどうしてもって言って…」

 

私 「名前 聞いてもいい?」

 

彼女 「あっはいっ。美咲っていいます。」

 

私 「お母さんがどうしてもって…何かあったの?」

 

美咲 「最近…私が良く怪我をしたり 頭が痛くなったりして…でも…病気とかじゃ無いみたいで…だから お母さんがここに来てみようって…。」

 

私 「そう……他には?何か無い?」

 

美咲 「えっ !? あのぉ……。」

 

私 「ああ…ごめんなさい。私は このお寺さんにご縁がある者で 紫雲と言います。」

 

美咲 「いえっそうじゃなくて……何で他にはって…?」

 

私 「ああ…そっち……分かっちゃうのよ。そういうのがね。」

 

美咲 「って事は……霊能者とか?ですか?」

 

私 「ええ…一応。」

 

美咲 「っ助けて下さい ‼ 私…もうどうしたらいいのか分からなくて……お母さんには 部活でぶつけたって言ってるんですけど…。」

 

そう言って スカートを捲ろうとしたので 制止して 辺りを見て 障子を閉めました。

 

美咲 「あっ……すみませんっ。」

 

私 「いえ。大丈夫よ。それで?」

 

そう言うと 美咲さんは スカートを太腿まで捲り上げると

 

美咲 「これなんです…。ある日突然 こんな 大きなアザが出来てて…ぶつけたとかじゃ無いんです…こんなアザが出来るぐらいなら…自分で分かりますよね?」

 

私 「んー…ちょっと触るけどいい?」

 

美咲 「はい。大丈夫です。」

 

そっと 美咲さんの太腿に触れる。

 

私 「痛みは無いの?」

 

美咲 「まったく…無いです。」

 

私 「ちょっと ここで待っててくれる?」

 

美咲 「あの……。」

 

私 「心配しないで。ちょっと道具を取りに行ってくるだけだから。あと お茶とお茶請けも持ってくるね。」

 

私は 部屋を出ると 自分の部屋から 八角鏡を取り 説法を聞いている 美咲さんのお母さんを連れ出し 小坊主さんを二人連れ その一人に人数分のお茶とお茶請けを持って来させました。

 

途中 蒸庵さん( 住職 )を見付け 理由を話して 部屋に 祭壇を設けて貰いたいと告げ 私は お母さんと小坊主さん達を連れ 美咲さんのいる部屋へ戻りました。

 

障子に手を掛けた時 ビリッと電気が指先に走り 思わず手を引きましたが 持っていた 塩を足元に振り落とし 障子を開けました。

 

美咲さんは 喉元を押え もがいていました。

 

私 「いけないっ ?! 」

 

母親 「美咲っ‼ 美咲っ‼どうしたの ⁉ これはどういう事ですかっ‼」

 

食って掛かる お母さんを小坊主さんに押さえて貰い もう一人の小坊主さんに 蒸庵さんを呼んでくる様に言い 障子を閉めると 美咲さんの元に行き 八角鏡を顔にあてました。

 

すると……鏡の中に 美咲さんと同じくらいの 女子が移り 手には 布で出来た人形を持ち その人形の首を絞めている姿が写りました。

 

その姿を 鏡の中に封じ込め 美咲さんの首に数珠をあて 経をあげる。

蒸庵さんが来て 障子が開くと 八角鏡に目を落とした後 人が一人入れるくらいの 結界を作り その中に 美咲さんを入れました。

 

暫くすると 美咲さんの意識は戻りました。

 

息は上がっていましたが 普通に会話が出来たので 結界から出ない様にと言った後 汗と涙でぐちゃぐちゃになった顔のお母さんと美咲さんに事情を説明しました。

 

その後で 八角鏡に封じた呪詛を掛けた相手の顔を 美咲さんに見せると 美咲さんは驚いた顔をして言いました。

 

美咲 「良江 ⁉ 嘘……何で?…………あっ…」

 

私 「何か思い当たる事が有りそうね?」

 

美咲 「えっ…でも……応援するって……言ってたのに………まさかっ 良江も…!! 」

 

私 「横恋慕って事かしらね?」

 

美咲 「そん…なぁ……言ってくれたら良かったのに !!」

 

私 「友達だから…言えなかったんじゃないの?」

 

美咲 「私…どうしたらいいんですか?」

 

私 「うん。これからね 美咲さんに掛けられた呪詛を相手に返す儀式をするのね。それでまず 美咲さんの呪を解くからね。」

 

美咲 「良江はっ‼ 良江にも何かあるんですか?」

 

私 「美咲さんに出来たアザが 良江さんにも出るわね。」

 

美咲 「そ……んなぁ…何とか成らないんですか?」

 

私 「成らないわね。呪詛を掛けたんだから それなりの代償がある事を知らなきゃいけない。どんな些細な事に対しても 相手に分からせる事で呪い等とは 縁を切らせる為でもあるの。」

 

美咲 「良江に……どんな顔して合ったら……。」

 

私 「それは お互い様よ。呪詛を掛けた方は 呪詛返しで美咲さんにバレたと分かるし 美咲さんも呪詛を掛けた相手が良江さんだと分かったでしょ?それで いいんじゃない?友達に戻ればいいだけの話よ。どうするかは 二人で話し合いなさい。呪詛を返したら 直ぐ良江さんの所へ行くからね。」

 

美咲 「えっ…良江の所に?」

 

私 「そう…良江さんの呪も解かないと…返されて尚 呪おうとしない様にね。」

 

美咲 「あっ……ありがとう。」

 

私達が話をしている間に 祭壇は作られていたので 直ぐに 呪詛返しをしました。

全て 事が終ると 八角鏡にヒビが入り 一際 大きくバリッと音がした後 鏡は割れました。

 

私 「もう 結界から出ても大丈夫よ。」

 

母親 「ありがとうございました。ありがとう。取り乱してしまって…すみませんでした。」

 

私 「いえ。事情を知らなかったのですから 当然の事と思います。お気に為さらずに……さて 美咲さん 良江さんの家に案内して貰える?」

 

 

 

 

 

良江 「なっ………によ !! これっ‼何で私にまで…?! まさか…!! 」

 

インターフォンを鳴らす 美咲さんが声を掛ける。

 

美咲 「良江~ ‼ この前貸した参考書返して~‼ 」

 

2階のカーテンが揺れ 隙間から こちらを見る良江さんの姿に気付いた 美咲さんは 笑顔で 良江さんに向かって両手を降った。

 

カーテンが揺れ 良江さんの姿が消えた。

 

心配そうに 美咲さんが私の顔を見る。

 

私 「大丈夫よ。良江さんはちゃんと出て来てくれるから。」

 

そう 私が言い終わらないうちに 玄関のドアが開いて 良江さんが姿を見せた。

 

良江 「何で?何でよ ⁉ 何でなの ⁉美咲っ!!」

 

美咲 「何でって?何言ってるのよ?」

 

良江 「だって……私 あんたに……っ‼」

 

美咲 「何?」

 

良江 「私っ美咲にっ呪…… 」

 

美咲さんは 良江さんに駆け寄ると 良江さんに抱き付いて こう言いました。

 

美咲 「何があっても私達…友達でしょ?だから遠慮なんかしないで 何でも言ってよ !! 何年っ友達やってると思ってるの?」

 

良江 「みさ……美咲ぃごめん…ごめんねぇ…。」

 

暫く二人は抱き合ったまま 泣いていました。

 

その後 良江さんの顔に出たアザを消しました。

人を呪うのは容易い事 だけど掛けた方も掛けられた方も 結果は同じだという事を解って 欲しくて 暫く私の説教が続きました。

 

 

 

「紫雲さ~ん ‼ 居ますかぁ?」 そう 言って 美咲さんと良江さんが お寺に 遊びに来る様になりました。

 

縁側に座り お茶を飲みながら話をしている 二人の笑顔を見てもう 大丈夫だと そう…思いました。

最新情報をチェックしよう!

長編の最新記事8件

You cannot copy content of this page