呼ばれる

友人のTは 二つ隣の町に仕事に行っていて 行き来する道は山の方が多い。

 

信号機の多い 県道を通るより 山道の方が多少 寝坊しても 仕事開始時間までには スムーズに着けるからだと言ってました。

 

たまに 濃霧で前が見にくい事もあるそうですが…そこは 何年も行き来している道 勝手が分かってるから怖くはないと言っていました。

 

そんな Tから 電話が掛かって来たのは 小雨が降る 少し肌寒く感じる春先の季節でした。

 

時間は 午後7時を少し回っていたでしょうか…電話に出ると 少し焦っている様な 何が起きてるのか?分からないと言った感じの口調でした。

 

T 「仕事 終わって帰ろうと車走らせてるんだけど……何かいつもと違って 同じ所を回ってる気がするんだよ…何これ?」

 

私 「寝ぼけてる?」

 

T 「起きてます !! それにね いつもなら 車結構走ってるのに…今日は一台ともすれ違わないんだよ…。」

 

私 「あんた 定時だったよね?もう7時回ってるけど?」

 

T 「だから !! 帰れないんだって !! 」

 

私 「霧が出てる?」

 

T 「出てない。」

 

私 「雨降ってる?」

 

T 「降ってない。」

 

私 「今 どの辺りにいる?」

 

T 「分かってれば言ってるって?! 」

 

私 「大体でいいよ。」

 

T 「多分 ○○峠辺り?」

 

私 「何かにぶつかった感じ無かった?」

 

T 「何も無い。」

 

私 「回りの音 何か聴こえる?」

 

T 「ちょっと待って 窓開けるから……何も聴こえない。聞こえるのは 私の車のエンジン音だけだよ。」

 

私 「山道に入る前に お地蔵様あるよね?」

 

T 「うん。」

 

私 「お地蔵様の方向いて 何か言ったか 思ったりした?」

 

T 「ううん。何も 歌は唱ってたかも…。」

 

私 「歌は関係ない。」

 

T 「も~ 家に帰りたいよ~。」

 

私 「誰かに恨まれてるとか無い?」

 

T 「エェエーッ 恨まれてんの?私 ‼」

 

私 「恨み…というか…妬みかな?」

 

T 「分かんないよ~…。」

 

私 「そっ?ならいい。あんま関係無さそうだし。」

 

T 「関係無いこと言うなぁ‼ ね~どうしたら帰れるのぉ?」

 

私 「あんた……生きてる?」

 

T 「はぁあ?生きてなきゃ話して無いでしょ?……あっ…あんたは別か…えっ?私 死んでるの~…‼ 自覚無いけど…。」

 

私 「んん~…?」

 

T 「何?何 ⁉ 」

 

私 「分かった。迎えに行くよ。その場所から移動しないで じっとしてなさい。い~い?絶対 動かないでよ !? 」

 

T 「マジで~ありがとう。うん。動かないでじっとしてる。早く来てねぇ…。」

 

電話を切った私は 直ぐに 家を出て 車を走らせた。 途中で 警察署に寄り事故を知らせ 場所がハッキリしないから 一緒に行って貰う様に告げ パトカー一台と事故処理車一台 。

そして 消防に行き 救急車とレスキュー車を引き連れて Tがいつも 利用していた山道へ 入った。

 

緊急では有りましたが 後ろからサイレン鳴らされても煩いだけなので 音無し 回転灯のみにして貰いました。

 

Tの利用していた山道は まだ こちらの管轄でしたので 地元の警察と救急車を利用しました。

 

峠を一つ越えるか越えないかぐらいの所で 車を路肩に止めると 警察官が降りてきて 辺りを懐中電灯で照らし始めましたが 警察官は 崖下ばかりを見ていたので 「下には落ちてません。」と言って 少し歩くと 道を少し反れた杉の木が立ち並んでいた 最後の方 Tの車が 杉の木に突き刺さる感じで 止まっていました。

 

それを見付けると 直ぐに 救急隊を呼び 現場は少し 慌ただしくなりました。

 

そして 警察官は 頭を悩ませる事になりました。

 

 

杉の木が道沿いに並んで立っています。

皆さんも 見た事があると思います。

 

ただ 違うのは ちょっとしたスペースがある為 ガードレールが / ̄ ̄ ̄\ この様な感じになっています。

 

そのTの車は  ̄\丁度ガードレールの角に当たる部分の杉の木に車が刺さっていました。

ガードレール寄り 少し低い位置に 車が進行して来てそのまま ぶつかった様にしか見えませんでした。

 

ガードレールは無キズです。

杉の木が永遠と続いている 山の中を車が走れるとは誰も思わないでしょう?

 

仮にガードレールを飛び越えたのなら 車が斜めに成っていないとおかしいんです。

 

まして ガードレールの角に位置する 杉の木に当たる事など 不可能です。

反対側から走って来たとしても 他の杉の木に当たらずに 最後の木にぶつかるなど 到底 無理があります。

 

 

結局 警察は 事故がどの様な形で 起きたのかは分からずにいた様ですが……

 

 

 

 

Tは 走っていたんです。

杉の木が生えたあの山を……道など無い 杉の木や草が繁る道なき道を…。

 

 

生死を彷徨い 強く生きたいと願ったTが 掛けてきた 電話。

あの時 既に 道なき道を走っていたんです。

 

 

でも そんな事 言えません。

信じては貰えないでしょうし…私だけが知っている…それだけで いいと思っています。

 

Tの車は 真ん中に杉の木が当たり 運転席と助手席が避けその裂け目は 後部座席の近くまであったそうです。

 

何があったのか?は Tが完全に完治しないと話せませんが…。

Tが元気に復活した時にでも 投稿したいと思います。

 

 

 

 

Tは今 病院のベッドの上で たくさんの管を付け眠っています。

 

暗闇の中 光を求めて 走っています。

生きたいと願った彼女は 近いうちに目を醒ますでしょう。

それまで 私は お見舞いにはいけません。

 

 

助かった命を 守らなければ成らないから…。

 

アレに見付からないように……。

最新情報をチェックしよう!

長編の最新記事8件

You cannot copy content of this page