大 厄

33歳……大厄だという事を すっかり忘れていました。

 

 

誕生日の前の日 仕事場の同僚や後輩達と食事をしていました。

 

食事を済ませた後に 後輩がどうしても カラオケ

 

に行きたいと言い張り 仕方無く私達も行くこと

 

になりました。

 

食事を終えたのが 21時頃だったので カラオケ

 

に2~3時間付き合っても いいかな?ぐらいの

 

軽い気持ちでした。

 

カラオケ屋に入り 2時間が過ぎたぐらいの時に

 

突然 HAPPYbirthdayの曲が流れ 後輩がケーキを

 

持ってドアから入って来ました。

 

後輩(A)「 紫雲さぁん お誕生日おめでとうございま~す !! 」

 

一同 「 おめでとう‼ 」

 

私 「 ありがとう。 」

 

後輩(B)「 さぁ~どんどん歌いましょう!! 」

 

それから30分が過ぎようとしていた所で 歌のレ

 

パートリーが無くなって来た 後輩(A)が「 そろ

 

そろ帰りましょうか?」と言い私達は帰る事にな

 

りました。

 

アルコールは飲まないという事で 各々 自分の車

 

で来ていたので 暫く外でお喋りをしてすんなり

 

帰る事が出来ました。

 

 

そして 思い出した。

 

今日( 時間が午前0時になったので )は誕生日。33歳の……!!

 

車を運転しながら 時計を見ると 午前0時18分。

 

近道をしようと 道を思い出そうとしていると 時

 

速50Kmで走行していた車の後ろの左側の窓を

 

コンコンと叩かれました。

 

このまま 裏道を走っていては ダメだと 思い立

 

ち 国道へ出ようと ハンドルを切ると 口惜しい

 

とでもいう感じだったのか?

 

車の屋根を思いっきりダンッダンッと 叩かれました。

 

成るべく 考えない様にしようと思えば思うほど

 

時間が気になり 交差点で信号につかまった時に

 

チラチラと目の端で 時間を見ていました。

 

裏道を走っていた為に 随分 道を戻って国道へ出

 

ていたので 時刻は 0時39分になっていました。

 

私の家まで どんなに急いでも 信号につかまれば50分は 掛かってしまう…。

 

何処かに車を止めて回避する事も考えました

 

が……何をどうしたって 回避は不可能に近い状

 

態。私だけなら 何があっても構わない。

 

24時間営業のスーパーマーケットの端の方に車

 

を止めようとも考えた でも 何があるかは私にも

 

分からない。分からないからこそ 車を止める訳

 

にはいかなかった。家まであと半分ぐらいの距離になっただろうか?信号で止まった時に時計を見た。

午前 1時 4分。

 

心臓の鼓動が耳元で鳴り響く。

 

横断歩道を渡る人に紛れて 歩くモノ 這いずるモ

 

ノが湧く様に出て来るのが 視える。

 

閉じた門を抉じ開けられる。見たくないのに視える。

 

早く家に帰らなきゃ。

 

信号が青になった 他の車が走り出し 見えないモノ達をすり抜けて走って行く。

 

這いずるモノがタイヤに踏まれ 当時の頃に出したであろう 耳を覆いたくなる断末魔。

 

時計を見る。

 

午前1時14分……。

 

三車線の直線道路の右側を私は走ってる。

 

前後にも 車が走ってる。

 

真ん中の車線には後ろから大型のトラックをサ

 

イドミラーで確認できた。

 

 

対向車線の右側と真ん中の車線にはみ出すぐら

 

い フラフラと走るトラックを視界で捉えた瞬間

 

目の前が明るくなった。

 

 

衝撃音とクラクションの音 たくさんの衝撃音……一瞬の静寂。

 

 

 

 

( イッ痛ぅ………やられた。状況が分かっても避けられなかった……か。 )

 

手を動かす( 動く)

 

足を動かす( 動く)

 

身体を起こす( できた )

 

辺りを見る( 助手席が抉れてる?)

 

運転席のドアは開くか?( 開かない )

 

仕方無い( パンク時の工具で窓を叩き割る)

 

 

その音で 人が何人か走ってくる。

 

 

A「 大丈夫ですか⁉ 」

 

B「お~いっこっち‼ 生きてるぞ‼ 」

 

C「 誰かっ手を貸してくれ~っ!! 」

 

A「ドアは開かないみたいだ。 」

 

B「 窓から出れますか? 」

 

私 頷く。

 

CとDが ガラスの破片をタオルの様な物で 払い

 

のけるとCが手を伸ばして来たので 手を握ると

 

ゆっくり窓の方へ私を引っ張りました。

 

骨は折れていないようでしたが 首が痛かったの

 

と シートベルトがお腹にめり込んで痛かったの

 

で シートベルトは 気が付いた時に外していました。

 

D「 どこか痛い所ある? 」

 

私「首とお腹……あと 頭切れてるみたいです。」

 

おじさん達4人ぐらいで 私を車の中から 助け出してくれました。

 

CさんとDさんは 消防員だったそうです。

(後から聞きました。)

 

外に出て 目を疑いました。

 

大惨事……。

 

私の車の助手席側にぶつかり( 後の検証?で私

 

の車は 右に思い切りハンドルを切っていたらし

 

いです。意識飛んでたので 私は分からないです。) 私の後ろを走っていた車にぶつかり 反動で 横

 

転して 次々と後続車にぶつかって 止まったらしい。

 

結局

車6台が絡む事故になってしまいました。

 

救急車やパトカーが来る頃には 事故に遇われた

 

方は CさんとDさんを中心に 他の車のドライバ

 

ーや近所の方々に みんな助け出されていました。

 

事故に遇われた方々も打撲やむち打ちくらいの

 

軽傷だったと後で聞きました。

 

車は 廃車の方が何人かいらっしゃったみたいですが……。

 

私もむち打ちくらいの軽傷ですみました。

車は………廃車でした。

 

 

事故にあった時間が 午前1時16分だったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

午前 1時16分は 私が産まれた時間です。

最新情報をチェックしよう!

長編の最新記事8件

You cannot copy content of this page