女の子らしいM

私の親友のMが、高校を卒業後に美容師の専門学校に通って居た時、エクステを付けて居た時が有りました。

 

後輩からある日私に電話が有り、最近Mさんがおかしいと言うのです。

 

何がおかしいのか聞くと、まるで別人の様に性格が変わった。と、言います。

 

Mは今までの、私が投稿した話での話し方の様に、男勝りな性格で話し方もそんな感じ。

ですが、最近のMはまるで真逆で女の子らしく、そして何より大人しくなり、優しくなって気味が悪い。と言うのです。

 

私も高校を卒業後は、調理師の専門学校に通って居てそう頻繁にMと会って居ませんでした。

 

後輩の言葉が気になり、私はある日の夕方にMの家を久し振りに尋ねました。

 

 

ピンポ~ン♪

 

M「は~い! あらっ!S~!久し振りねぇ~!元気にしてたぁ?」

私「え…!!(゜ロ゜ノ)ノ」

M「どうしたのぉ?早く入って♪」

私「M…?なんぞ、変な物でも食うたんか?」

M「何、意味の分からない事言ってるのよ。変な物なんて食べる訳無いでしょ!」

私「お前…話し方そんなやった??」

M「そうよ。私はいつもこうでしょ?Sこそおかしいわよ?」

 

私はMを足の先から頭のてっぺんまで眺め回しました。

すると…Mの髪にピンクのエクステが一ヶ所付いて居ました。

 

私「M?そのエクステはいつから付けてるん?」

M「あっ。これ?1ヶ月位前からかしら?そろそろ取りたいと思ってるんだけど、どうしても取れないのよ~!」

私「取れない?何で?」

M「わかんな~い!」

 

私は、普段とは全く違う話し方をするMに次第にイライラして来て居ました。

 

私「なぁ?いい加減その鬱陶しい喋り方どうにかならんか?」

M「だからぁ~!私はいつもこうだって言ってるでしょ~?何で、怒ってんのよ?」

私「そのエクステ、似合わへんから取りや!」

M「取れないのよ!」

 

私は、何故か妙な胸騒ぎがして居ました。Mの人格が変わったのは、あのエクステのせいでは無いのか…

 

 

私「その、エクステって人毛なん?」

M「そうみたい。専門学校の先輩がね、付けてくれたんだけど~!」

 

人毛…。

 

私「うちが取ったろか?」

M「どうやって?」

私「こうやって!」

 

私はMのエクステ部分を掴むと思いきり引っ張りました。

 

M「痛いーっ!止めてよ!」

 

Mのエクステは引っ張っても取れる気配は有りませんでした。

まるで自分の髪の様に…

 

私は益々Mの人格が変わったのは、あのエクステのせいやと思い、何としてでも取ってやる!と、後輩を二人呼びました。

 

暫くして、後輩二人がやって来ると、私は二人にMを押さえて居る様に言い、ハサミでMのエクステを切ろうとしましたが、Mが暴れるしでなかなか切れません。

 

私「お前ら、もっとちゃんと押さえとけや!」

後輩①「全力で押さえてますよ!

M「何すんのよ!止めてよ!あんた達おかしいんじゃないの!」

私「うるさい!静かにしとけ!」

 

普通のハサミでは切れないと思い、私は裁縫で使う裁ちハサミをMの妹から借り、それで思いきりエクステを切り落としました。

 

その瞬間、Mが物凄い叫び声を上げ倒れ込みました。

 

後輩①「死んだ…?」

後輩②「エクステ切り落としただけで死ぬかよ!」

 

私「M!M!」

 

Mは暫くして意識が戻りました。

 

M「ん?」

私「ん??」

M「S?」

私「あぁ。」

M「お前、いつ来たの?」

私「戻った…??」

M「は?何がだよ?」

私「戻ったー!」

M「だから、何がだよ?意味わかんねーから」

私「これ。」

 

私はMの髪に付いて居たエクステを渡しました。

 

M「あっ!取れてる!」

私「取れた…って言うか、ぶった切った笑」

M「はぁ??」

 

Mは慌てて鏡を見に行きました。

 

M「あっーっ!ハゲてんじゃねーかよっ!」

私「だって、取れへんねんもん。引っ張っても何しても。ってか、そのエクステおかしいで?まるでお前の地毛みたいやった」

M「実はさ、これ専門の先輩に付けてあげる。って言われた時嫌な感じがしたんだよ。でも、エクステだし考え過ぎかな?って思って付けて貰ったんだけど、その日から違う人間が私の中に居る感覚がしてさ」

私「変な喋り方してたん覚えてる?」

M「何となく。人毛のエクステはヤバイな」

私「取敢えず元に戻って良かったわ。あのまんまやったら気味悪くて敵わん」

後輩①「あのままのが良かった様な…」

M「なんて言った?」

後輩①「いえっ!何でも有りません!」

M「ったく。 取ってくれてサンキュー。何かあのままだったら自分を乗っ取られてたかも知れない」

私「何か、原因がこのエクステとしか思えんかったから。けど、あんなに地肌に食い込むもんなん?エクステって」

M「いや。編み込んだだけのはずだから。このエクステに何か宿ってた。って事だな。燃やそう」

 

私とMは後輩達が帰った後でエクステを燃やしました。

 

Mはそれ以来、例え人工の物でもエクステは一切付けませんでした。

 

一体、あのエクステには誰の人格が宿って居たのでしょうか。

最新情報をチェックしよう!

長編の最新記事8件

You cannot copy content of this page