廃神社

I県某所 から一通の手紙が 知人宅に届きました。手紙を送った人( 以後 T )は 知人( 以後 C )の遠い親戚にあたる方でした。

 

手紙の内容は こう書かれていました。

 

Cさん お元気ですか?Cさんが遊びに来た時に別荘に行ったの 覚えてるか?

 

あの別荘の裏に 竹藪があったろ?あそこなぁ…俺も知らなかったんだが 神社があったんだよ。

 

ただな その……朽ちてる祠って言うのか?あれが向き合う様に 三つあって…

 

あとな 鳥居が青黒いんだよ。

見付けたのは 俺と ほらっ向かいの順ちゃん( 仮名 )とタバコ屋の吉雄( 仮名 )の三人だ。

 

別荘の裏の丁度 あの竹藪の辺りから 生臭い臭いが漂って来ててな。獅子( 亥 )でも死んでんじゃないかって 竹割りながら入って行ったら あったんだよ !!

 

気持ち悪いもの見ちまったって戻ろうとしたんだけどよ 吉雄のヤツが 祠の中に手ェ~入れてガチャガチャかき回した後 首の取れた陶器で出来た何かを取り出しちまったんだよ !!

 

そしたら何か黒いべちゃべちゃしたもんが 吉雄の手に着いてなっ 拭いても拭いても取れねぇんだ それに何だか 臭くてよぉ。

 

兎に角 戻ろうって吉雄も取り出したもん そこいらに投げて 家に戻ったんだけど その日の晩に 吉雄んとこのから電話があってなっ

 

吉雄がわけわからん事言って暴れてるから 手を貸してくれてなっ 酒でも飲んで暴れてるんやろって 吉雄ん家に行ったらよぉ

 

吉雄がおかしくなってたんだよ !!

 

Cさん そういったもんに詳しかったんを思い出して 手紙書いてる。Cさん 誰か他にも連れて 吉雄を見てくれ。

 

頼む。

順ちゃんが連れてきた 坊主は何も出来んで あたふたするだけや。

 

Cさん

お願いします。見るだけでも来て下さい。

 

 

                T

 

Cさんは 手紙を読んでいると 背中がぞくぞくすると言って 何故か?本所に持ち込み 何故か?私がご指名に…(; ̄Д ̄)?

 

手紙の内容を見た限りでは 何とも返事し難く…手紙を読み終えた後も読んでるフリをしていたら……

 

何故か……I県へ行く事になってました。

 

ただ

この廃神社 ただの神社では無く 人の手が加わったものだけは分かりました。

 

取り合えず 暇そうな輩を3人ひっ掴まえて 呼びたくなかった 翡翠を呼び出し 私達は 手紙を出された Tさん宅へ向かいました。

 

着いたのが夕方で 移動で疲れたので その日はゆっくり休ませて頂いて 翌日 その廃神社へ向かいました。

 

想像していた別荘が 想像以上で驚いていると

別荘の裏の方から 視線を感じました。

案内してくれている Tさんをおいて裏側へ歩いて行くと……

 

私の目には 昼間だというのに 真っ暗 というより まっ黒く何も見えない状態で 自分の足元さえ見えず……ん~ と考えていたら 一緒に来たJが私と同じらしく「 真っ黒?」と呟いてました。

 

私とJとKとMは 真っ黒に見える。

けど

翡翠には 青黒く見えて Cさんには 赤く見えるらしく みんなバラバラで 拒まれているのが分かってはいましたが 行かない訳にもいかず……

 

取り合えず 強行突破させて頂きました。

 

かなり怒ってました…すみません。

 

竹藪に近付くと確かに生臭いにおいが 鼻腔にまとわりついてくる様な感じでした。

 

既にTさん達の手に寄って 獣道程度の道があったので そこから中に入りました。

 

異様な光景でした。

 

確かにTさんの手紙の内容の様に一つの社と二つの祠の様なものがありました。

 

多分 神社の入口であろう場所に 青黒い鳥居が建っていましたが 向かい合う 祠の様なものの前にも 黒く変色した 鳥居が ありました。

 

翡翠 「呪詛だな?ほれっ」

 

私 ?………足っ‼ 「 投げんなっ‼ 」

 

多分……犬のものだと思います。

 

翡翠は 勝手に単独行動…。

 

私 「 神封じされてますね。ここでは お稲荷さまですが……元々 ここにいたお狐様は ここが放置された時点で 伏見に帰られてますが… 」

 

翡翠 「 野狐だろうな?下級の 奉られてみたかったんだろう。本元が帰った社に住み着いたが 出るに出られなくなっちまったんだよ。コレのせいでな。」

 

祠を指さす。

 

すると その場の気温が一気に下がって行く。

 

私は 慌てて CさんとTさんに別荘で待つように 言って 竹藪の外に出しました。

 

JとKには 結界を張ってもらい Mには翡翠を手伝う様に言いました。

 

足に何かが当り 何かな?と手を伸ばした時

 

翡翠 「 触るなっ !! 」と怒鳴られ ビクッとした瞬間に指先に 黒いネバネバ?した物が着いてしまい。

 

ハンカチで拭いたのですが取れなかった。

 

翡翠 「 お前は バカか ?! あ~ちっと入ったか… 」

 

私 ( ハイハイ。私はバカですよ‼……ん? )

 

私 「 ヒッ‼ 翡翠 !! コレってまさか……あぅっ」

 

流れ込んでくる 指先から黒いドロドロした 女の嫉妬 妬み 恨み 渦を巻くように流れ込んでくる…

 

翡翠 「 チッ‼ 呑まれんなっバカ ‼ 」

 

私 ( ムカッ‼ バカバカ言うな ‼ )

 

翡翠 「口開けろ‼ Mっ手伝え‼ こいつの口開かせろ‼ 」

 

M 「 何するんですか翡翠さん ‼ 」

 

翡翠 「 いいから 言われた通りにしろっ‼ 持って逝かれちまうっ‼ 力を欲しがってんだよ‼ あの黒いもんに触って 力の無いヤツは狂っちまうが ちっ力のあるヤツなら…どうだ?M。」

 

M 「 あっ⁉ 」

 

翡翠 「 分かったら 口を開かせろ‼ 」

 

私 「 む~むぅ~ 」

 

M 「 紫雲さんっ紫雲さんっ‼ 口開けて下さい‼ 」

 

翡翠 「 口開けろってんだ‼ このっ‼ バカがっ‼」

 

M 「 あっ⁉ 」

 

翡翠 「 何だよ?M?」

 

M 「 今 この状態って 紫雲さんの意識ありますか?」

 

翡翠 「 あぁ…多分あるだろうが…何だ?」

 

M 「 いえっ紫雲さんが口を開けたらいいんですよね?」

 

翡翠 「 ああ 」

 

Mは 私の顔に覆い被さる様に 耳元 でボソッと

 

M 「 紫雲さんっヤバいです…翡翠さんがっ‼紫雲さんに〇〇しようとしてますよ‼ 」

 

私 「 かはっ⁉ 」

 

翡翠 「 よっしゃっ‼ 」

 

( 翡翠の指が私の口の中に入って来た ⁉ 血の味がする…うぇっ)

 

翡翠 「 嫌だろうが‼ 少しでいい‼ 飲み込め‼ 」

 

( ゔぁ゙ばぁ゙ま゙っ!? もんばっぶぁ~‼ )

 

翡翠 「 よしっ‼飲んだな?少し我慢しとけよ? 吐き出させてやる。」

 

経を読む 声が聴こえる。翡翠の……

 

私 「ゲボッゲボッゲボッゲボッヴッ……… 」

 

噎せながら口から溢れ出たのは 真っ黒いドロドロしたもの。

 

翡翠 「おいっ!何でも触んじゃねぇよ‼ お前はお前の仕事しろっ‼ 」

 

一喝したら 祠の方へ行ってしまった…。

 

M 「結構 心配してましたよ?持って逝かれちまうっ‼とか言って ウヘヘッ(笑) 」

 

 

私 「ムカつく‼ Mは翡翠の所行っていいよ。 」

 

祠に阻まれて 出られない野狐を社から出す。上がる気があれば 上げる。

 

入り口の鳥居を朱色になるよう イメージする。

 

次に 祠。

 

私 「 ん?………はぁ……」

 

M 「 紫雲さんっ今度は翡翠さんがっ‼ 」

 

翡翠の所まで行って 指を噛む。

血が流れる。

 

ニヤニヤ私 「 飲めっ‼バカ‼ 」

 

翡翠 「 チッ‼ 」

 

翡翠の腰から頭へ 解放の印を組押し上げた後 背中の中心を叩くと……カエルカエルカエル

 

私 「 祠 やって。 」

 

Mがニヤニヤしてた。キモい。

 

翡翠が復活?した所で 祠の一つを解放する。

 

呪詛に遣われた犬の極限の念を解き放ち 上に上げる。

 

社の門 ( 普通の人には見えません。 )を閉める。

鳥居から中へ何も入れない様にする。

 

一つずつ 作業をして行くにつれ 辺りはだいぶ明るくなり 空気も変わっていく。

 

私のここでの仕事は終わり。

 

翡翠の方も もうすぐ 終わりそうだった。

 

 

翡翠 「 あとは 呪詛を掛けたヤツだな… 」

 

私 「翡翠が吉雄さんを正気に戻した後で 私が処理するよ 。」

 

翡翠 「 はぁ~あ?何でお前? 」

 

私 「 呪詛かけたの女性だから?かな。 」

 

 

別荘で待機していた

CさんとTさんと合流後 少し別荘で休んでから吉雄さん宅へ行きました。

 

吉雄さんは 口から泡を吹きながら 意味不明な事を言ってました。

 

翡翠が吉雄さんから 呪詛の障りを取り除く 程なくして 吉雄さんは正気に戻り 家の中が 荒れていたのを見て 驚いていました。

 

訳はTさんがしてくれました。

 

私は 呪詛の呪を取り除き 解放した。

 

呪詛を掛けた方も 呪詛を掛けられた方も もぅこの世には生きていませんが 来世で幸せになれるように 願わずにいられませんでした。

 

 

呪詛は 簡単なものではありません。

掛ける側にも それなりの代償を伴います。

人に見られようが見られまいが 呪いの代償があるのだと言うことを覚えておいて下さい。

 

 

まぁみなさんには 関係無い話ですかね?

 

 

 

ここまで お付き合い頂いた方 ありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!

長編の最新記事8件

You cannot copy content of this page