友人 「この前 引っ越したんだけどさぁ~何か変なんだよね…。」

 

数年振りに電話を掛けて来た友人が訝しげに言いました。

 

私 「何かって?」

 

友人 「うん。たまにさぁ~蝿がね…飛んで来るんだよね~。」

 

私 「生ゴミ放置してるんじゃないの?」

 

友人 「あんた 私が料理しないの知ってるでしょ⁉三角コーナーだって買った時のまま 綺麗なもんよ。」

 

私 「って…何気に自慢?」

 

友人 「そんな事はいいからさぁ あんたちょっとうちに来てよ。」

 

私 「えぇ~今から?」

 

友人 「うん。」

 

私 「うぅ~っ……最初からそのつもりで電話掛けて来たでしょ?」

 

友人 「分かってんなら来てよ。」

 

はぁ……深いタメ息が出た。

この友人に関わるとロクな事が無いので 内心嫌だったけど 仕方無く行くよと答えた。

 

私 「分かったよ。行くよ。けど私 あんたの家知らないんだけど…?」

 

友人 「大丈夫、大丈夫。」

 

私 「何が大丈夫なのよ?」

 

友人 「今 家出たから 40分くらいで着くよ。」

 

私 「はぁあ?迎えに来るって?」

 

友人 「うん。じゃっ車運転するから切るね。」

 

はぁ……何か会話だけで疲れた。

迎えに来るっていうから 着替えて外出の準備をして 食器類を片付けた。

 

それから 暫くすると 家の前に車が停まる音がして 私は玄関へと向かっていたら チャイムが鳴った。

(はいはい)と心で返事をしながら ドアを開けると 満面な笑顔で「悪いねっ」と言った。

 

(悪いとは思ってないだろうがっ‼)と心でツッコミながら ドアに鍵を掛け 友人の車に乗り込んだ。

 

エンジンを掛け 友人が車を走らせながら 電話で話した続きを話し出した。

 

友人 「さっきの話の続きなんだけどさぁ…」

 

私 「うん。」

 

友人 「別に部屋に何も無いのに たまに 2~3匹飛んで来るんだよね…。」

 

私 「蝿って どんな蝿よ?」

 

友人 「でっかい羽音たてて喧しいヤツ。」

 

私 「でかい羽音って……。銀バエみたいな?」

 

友人 「多分 そう。」

 

私 「…………多分ね…。」

 

そうこうしてるうちに 友人の引っ越したアパートに着来ました。

 

友人 「ここだよ~」

 

車を駐車場に停めると 私は友人の後を着いて行きました。

アパートは何処にでもあるような ごく普通のアパートで 外壁の色が淡い緑色で玄関のドアが茶色っぽかったけど 嫌な感じは受けませんでした。友人がドアを開けるまでは……。

 

友人 「ねっこの辺にも何も無いでしょ?」と言いながら ドアの施錠を解除して ドアを開けた瞬間

 

私 「!!うっ……。」

強烈な腐敗臭に耐えきれず アパートの脇の側溝に 戻してしまいました。

 

友人は突然の私の様子に慌てながら 私の背中を擦ってくれ ました。

 

私が落ち着きを取り戻して来ると友人が ペットボトルに入った水を手渡しながら不安そうな顔をしていました。

 

私 「あんた 良くこんな所に住んでられたね?何も臭わないの?」

 

友人 「えっ⁉ 別に何も臭わないけど…?」

 

私 「兎に角 窓という窓を開けて‼じゃないと私あんたの部屋には入れないから…。」

 

そういうと友人はウンウンと頭を縦に何度か振り 部屋に上がり 全ての部屋の窓を開けて私が居る玄関先へと戻って来ました。

 

数分後 玄関から 少し顔を近付け あの腐敗臭が薄くなった事を確認してから 友人の部屋に上がりました。

 

友人は 「玄関も開けとく?」と聞いたので 「アパートの住人は両隣居るのか?」と尋ねたら 友人が 「居る。」と言ったので 閉めてもらった。

 

友人の様に 何も感じないのが普通だから 知らない人が見たら 変に思われてしまうのを避けるために ドアは閉めた。

 

取り合えず玄関から先に進んだ。

 

部屋は 玄関の左側がキッチンになっていて 流しを覗くと 新品の三角コーナーが置かれてました。

玄関の右側は少し壁になってて 壁が途切れた所にドアがあり 開けるとお風呂場とトイレがありました。キッチンは二畳くらいで 先に進むと六畳の部屋が二つありました。

 

床は全てフローリングでした。

 

一通り周り臭いの元を探しましたが良く分からず 仕方がないので 部屋側だけ窓を閉めてみました。

お風呂場とトイレの窓は開けっ放しで キッチンの窓も閉めて 風の流れを止めると また あの腐敗臭が微かに鼻をつきました。

 

私が口元に ハンカチを当てると 友人もスンスンと空中の臭いを拾おうとしていました。

 

間違いなく臭いの元があるはずなのに 部屋の中の何処にもありませんでした。

 

そうして隈無く部屋や天井を細かい範囲で見ていた時 私は気付いてしまいました。

 

玄関から真っ直ぐ入って来た所の部屋の奥(窓際)の天井に 僅かな黒っぽいシミがありました。

友人に 教えると今まで気付かなかったみたいでした。

 

私 「二階に誰か住んでるの?」と 聞くと

 

友人 「端の方は分からない。でも私の部屋の真上には 40代くらいのお母さんと5歳の女の子が住んでるよ。」と 友人が言いました。

 

私は友人とその親子が住む部屋へ行きました。

ノックすると元気な女の子の声がして 母親がドアを開けると友人を見て母親は苦情でもいいに来たのかと思った様でした。

 

母親 「ごめんなさいね。煩かった?」と 言って来たので 友人と私は慌てて違うといい 訪ねた理由を思い切って話してみました。

 

すると 母親も最近 蝿が部屋にいる事があると言って 何処から来るのかも分からないと。

それに 臭うとも言ってました。

確かに 玄関から漂う臭いを嗅いだ時 友人の部屋の時より 明らかに強いと感じました。

 

アパートの部屋数は一階に四部屋 二階に四部屋。

 

友人が住む部屋は 一階の左から二番目。友人宅から右側の二部屋には住人がいた。

 

二階には友人の真上にに親子の住む部屋があり右に一つ空けて 右端の部屋には住人がいました。

 

親子が住む部屋の左端の部屋のドアに備え付けられた 郵便受けには 何かの勧誘のチラシや新聞のサンプル等がこれでもかってくらい詰まっていて とても人が住んでる様には 見えませんでしたが 母親の話では 夜にドアが開閉する音がするから 住んでいる人が居るのでは?という事でした。

 

お礼を言い 帰る時に 左端の部屋のドアをノックしてみましたが 誰も出てくる気配は無く 電気のメーター等も確認しましたが 停まっていました。

 

友人の部屋に戻りドアを開けると また悪臭がするかもと 私に気を使い 窓を開けてくるから待つように言われました。

 

ドアを開けて部屋に友人が入りドアが閉まる瞬間 私はドアを思いっきり開けました。

その行動に 友人は驚いていましたが それ以上に私は 悪臭の原因を 見付けてしまったのだと覚りました。

 

窓を閉めて出てしまった部屋に 最初に嗅いだあの腐敗臭が全くしませんでした。

 

それに気付いた時 頭の中にビジョンが流れ出しあの部屋の住人が亡くなるまでと亡くなった後の姿が見てきた様に映りました。

 

でも そこで 二階に住む あの母親の話を思い出しました。

 

夜にドアが開閉する音がする…。

 

誰かが出入りしているのか?それは誰か?

生身の人である事は確か…。

夜になるまで友人と二人であーだこーだと意見し合いましたが 結局 分からず仕舞いで終わりました。

 

夜になり いつ来るのかと余り音を立てずに待っていると二階から子供が走り回る音が微かに聞こえて来た。

 

それから数時間後 子供の足音も聞こえなくなり時計を見ると 21時を少し回っていました。

 

友人が「コーヒー淹れてくるわ。」と立ち上がった時 微かに 二階の左端の部屋のドアが開く音がしました。友人には聞こえなかった様です。

 

私 「来た。」

 

友人 「は?」

 

私 「二階。」といって左端を指差しました。

 

音を立てない様にそ~っとドアを開けて 外に出て 駐車場まで移動すると 友人の車の陰に隠れて二階から出てくる人を待ちました。

 

5分くらいして二階から 明らかに辺りを警戒してキョロキョロと見渡しながら 階段を降りてくる人がいました。

 

私は 友人の腕を掴み 駐車場脇にあった自動販売機の裏に移動すると わざとらしい笑い声を出しました。友人は最初 怪訝な顔で私を見ていましたが 察した様な顔をして 友人もわざと大きな声を出し 「ハハハハハ。」と笑い声を上げた後 私と友人は自動販売機の裏から表に会話をしながら歩き アパートへの道をゆっくりとしたスピードで歩みました。

 

そして アパートの二階から出てきた挙動のおかしい人と すれ違いました。

すれ違い様 あの悪臭が私の鼻をつきました。

 

私 「臭い……何?この臭い。」

 

友人 「ほんとマジで臭い…」

 

わざとらしく芝居をして 辺りを見渡していると 突然 友人が私の腕を掴み アパートへ走り出し 部屋のドアを開けると私を押し込み 友人も部屋に入ると素早く ドアに鍵とチェーンロックを掛け キッチンの窓の鍵を掛け お風呂場とトイレがあるドアにも鍵を掛けました。

 

私 「どうしたの?」

 

友人はガタガタと震えながら キッチン台の陰に隠れる様に 移動して 私にも手招きをしたのでそちらに移動しました。

 

友人が何かを言おうとした時 部屋のドアの前でジャリッて音がしました。

友人がビクッと体を震わせました。

私は囁く様に 友人に言いました。

 

私 「あの時 アイツの顔を見た?」

 

友人はガタガタ震えながら コクコクと頷きました。その瞬間 ドアをドンドンと叩かれ ドアノブをガチャガチャ回そうとする音が響きました。

友人は頭を抱えて震えています。

 

暫くすると音は止み キーッと金属が擦られる音がして 静かになりました。

直感でドアに備え付けられた郵便受けから中を覗いているのだろうと思いました。

 

そんな膠着状態が続いて どのくらい時間が経ったのかは分かりません。

ふと 気配を感じて 玄関から正面にある六畳間に目を向けると 黒い影がユラユラと揺れていました。そして 何処から入って来たのか?蝿がブンブンと羽音を立て飛び交い出した時 二階から叫び声が聞こえました。

 

多分 同じ状況であろう 二階に住む親子の部屋から 母親が騒いでいる声が辺りに響き渡りました。窓を開けたんだと思います。

 

その母親の声に驚いたのか?ドアに張り付いていた人は 慌てた様子で逃げて行きました。

 

友人に警察を呼ぶように告げて 私は二階の親子が住む部屋のドアをノックしました。

バタバタと音がして ドアが開くと母親が息を切らしながら 「蝿が…蝿が…」と繰り返しました。

 

私は 事情を話して 警察を呼んだから協力して欲しいと頼みました。

母親も蝿や臭いの事もあって 協力すると言って貰えました。

 

15分後くらいに一台のパトカーがやって来て 友人の部屋に警官が三人やって来ました。

私がドアを開けると数匹の蝿が外へ飛び出して行きました。

 

友人は二つの六畳間の窓を全開にして タオルをぶんぶん振り回して蝿を追い出そうとしていました。

 

今までの事を警官に話すと 別の警官が応援を呼び 二階の親子の元へも事情を聞きに行きました。

アパートの前に三台のパトカーが停まり 警官が二階の左端の部屋をノックしていましたが 誰も居ないと分かると 郵便受けから 詰まっていた物を次々と引抜き出し 詰り物が無くなった 郵便受けを開けて中を覗こうとして ドアに顔を近付けると 直ぐに顔を背け何か目で別の警官に目配せした後 パトカーに戻り署に連絡を入れていました。

 

数分後 警察に呼ばれた 大家がアパートに着ました。何が起こったのか分からないといった顔で 警官に連れられ二階の左端の部屋の前に行きました。警官からの要望で 大家がドアの鍵を解除すると 警官が三人程部屋の中に 入り窓を開け 時折 咳き込む声を聞きながら その様子を伺っていました。

 

暫くして 刑事らしき人達が複数人やって来て 私達は事情聴取され また 後日も話を聴くからと言われました。 二階に住む親子も同じ様に 事情聴取されていました。

 

結局 友人はアパートを解約し 別の場所に引っ越しました。

二階に住んでいた 親子も 母親の実家に帰ったみたいでした。

後のアパートの住人は まだあのアパートに住んでるようです…。

最新情報をチェックしよう!

長編の最新記事8件

You cannot copy content of this page