SOSやめてください

当時の当事者の目に触れて欲しいという意味で書き込みします。だから相当具体的に場所や時期に触れますが、とにかくそこでその時に起きた出来事を改めて確認したい、して欲しい、そういう気持ちでの書き込みです。1984年の話です。大阪千里丘の〇〇第二小学校に通ってたんだけど、そこでは他の学校とかでは聞いたことない怪談?というか存在の話があった。「SOSやめてください」という話。学校の中にSOSという存在(おばけというノリではなかったと記憶してる)が潜んでいて、体育館裏の小さなドア、もしくは旧校舎二階の奥、旧家庭科室に行くとSOSと遭遇してしまう、と子供たちがいつも騒いでいた。

 

 

 

「SOSの足跡が天井に!」旧校舎傍に倉庫?のようなトタン屋根の建物があったんだけど、その天井にSOSの足跡が現れた。天井は吹き抜けで二階くらいの高さがあって、その真中あたりに唐突に2つ3つの足跡が現れていた。ところで俺は去年の七月(2007年)、嫁と子供と三人で万博公園に遊びに出かけ、その帰りに自分が子供の頃に住んでいた千里丘の町並みと、第二小学校の様子を眺めたいと散歩がてらに立ち寄った。学校は変わることなくそこにあった。「そういえばSOSの足跡っていうのがあったな」と俺は冗談半分の気持ちで旧校舎倉庫に向かい、天井を眺めた。気味が悪いのは、子供の頃の記憶だけ、という話ではなく、この時、改めてそこで足跡をはっきりと見た事。大人になった俺の目で見てもそれは足跡で、はっきりそこに存在していたし、今もまだそこにある。そこで俺は1984年のあの出来事を改めて思い出す。記憶がクリアに思い出されて、心底気味が悪く恐ろしくなる

 

 

 

教室も騒然となったが、授業中だから先生に諌められた。その後の休み時間、どこかのクラスの生徒が興奮した様子で教室に飛び込んできた。「SOSが出た!!!まだいる!!!皆見てる!!!」教室中、いや、学校中が大騒ぎになった。「どこや!」「二階の廊下や!」「廊下の窓から旧校舎を見ると、旧校舎の二階にSOSがいる!!」皆、ワーッと廊下に飛び出し走り出す。何人もの先生が大声で生徒たちを注意したり叱ったりしているが、その時のあのちょっと説明のしようがない異常な興奮状態は、先生たちでは止めようがなかった。俺も流れに押し流されるように、やがて二階の長い廊下にたどり着いた。「あそこや!!SOSや!!!」「SOSや!!!!」

 

 

 

SOSがいた。大きな茶色い顔で、角張った肩。不思議そうなキョロキョロとした黒い目でSOSはこちらを見ていた。泣き出す生徒、叫びをあげる生徒、興奮して「くそう!おれがころしにいったる!!」と旧校舎に向かって駆け出す生徒。しばらくして皆は口々に叫び始めた。「SOSやめてください!!SOSやめてください!!」SOS怪談にはあるルールがあり、「SOSと出会ったら”SOSやめてください”と叫びつづけないと、SOSに殺される」というものだ。皆は半ば恐慌状態でSOSに向かって「SOSやめて下さい!!」と叫びつづける。俺も大声で叫びつづける。SOSは茶色い大きな大きな顔をガラスに貼り付けるようにして、こちらを眺めていた。後にも先にも、俺はああいう生き物を他でみたことがないし、何かのみ間違えだったとは全く思わない。先ほど駆け出した生徒たちが旧校舎の入り口のドアを叩いているのが見えた。「SOSでてこいや!!おれがころしたる!!でてこいや!!」

 

 

 

1984年、大阪千里丘〇〇第二小学校であの時期、あの日、SOSを見たあの生徒たちの誰かがこの書き込みを見てくれる事を真剣に願う。あれは一体何だったと思う?あの日、あの後どうなった?あれ以来SOSはまた現れたりしたのかな?子供特有の思い込みや見間違いなんかじゃない記憶と事実を、俺は切実な思いでここに書き込む。今も残るあの天井の足跡、あのガラスの向こうの大きな茶色い顔、俺たちを興味深そうに眺めていたあの物静かな黒い目。あいつは一体なんなのか、まだそこにいるのか、夏に近くなる暑い日曜日の朝になるといつも、思い立ってあそこに行きたくなる衝動を未だに感じる。あの日駆け出した生徒たちの様に、あそこに走っていって扉を開け、あいつを捕まえて「SOSを捕まえた!!本当にいた!!」と叫びたい衝動に強く強く駆られます。1984年のあの場所にいた俺と同じ、当時の子供にこの書き込みを伝えたい。もしそういう人がいたら、この言葉を俺が紛れもなく俺があそこにいたという証拠として送る。「〇〇〇〇のタイヤ」物語めいた言い回しや最後の謎かけめいた書き込み、ウザかったらすいません、でも俺が体験した出来事です。

 

 

 

まさにその小学校、通っていたことがあるよ。驚いた…!小学校5年生の2学期と3学期。自分は1965年生まれだから、1976年か1977年くらいか?(早生まれではない)少なくとも当時はそんな怪談はなかった。まあ半年しか在籍しなかったから、聞き逃したのかもしれないが、当時から自分は怖い話が好きだったから、耳にしなかった可能性は低いと思う。だからその怪談はそれ以降に生まれたのだと思う。参考までに。

 

 

 

レスありがとう、真剣にうれしい…新校舎と旧校舎は分かるよね?俺が在校していた時は「SOSやめてください」の前には「体育館が火事になって、花子さんという子が犠牲になった。だから二階の保健室の向かいのトイレには花子さんがいる」という話が根強くあったらしいと聞いた事があるから、

 

 

 

同級生に直接聞けば?

 

 

 

すごい聞きたいんだけど、途中で引っ越したから当時の同級生の連絡先が全然わかんないんだよ~。探偵ナイトスクープにも何回も何回も葉書出したんだけど、内容が電波過ぎるのか何の音沙汰もないんだよ~。でも全部本当に体験したことなんだよ。集団ヒステリーとか先生のいたずらとか何でもいい、どんな事でもいい、あの時あの場にいた別の人間から、一言でも言いからあの出来事は何だったのか知りたい。これは微かにでも答えが出るまで一生引きずっていく事って気がする。

 

 

 

具体的に絵に描いて。もしくは似てるもの教えて

 

 

 

 

 

 

 

URLの絵が見られないので何とも言えないけど。SOSが何者なのかというのは私も知らない。天井の足跡の真相も解らない。ひとつだけ言えるのは生徒達が廊下走り回ってSOSだーって大騒ぎになって、中には本当にパニックになって泣き喚いたりもどしちゃったりしてた子もいたみたいだけど・・。あの時みんなが見たあれはSOSという存在ではない。もちろん幽霊でもなければ宇宙人でもない。先生の悪戯でもない。みんながSOSの噂で盛り上がりすぎていたために冷静に見れなかったのだと思う。みんなが驚き怖がっていたけど、旧校舎のあの場所で、みんな以上に驚いて怖がっていた子がいたんだよ。すごく悲しい話。

 

 

 

その絵を見て真っ先に思い浮かんだのはモナリザだな~書き込みから察するに旧校舎は入れないようになってたようだが立ち入れない薄暗いところにモナリザの複製画が飾ってあったとか。SOSのでた窓は大人になってから見学しにいかなかったの?ちなみに天井や壁の高いところに足跡がついてるのってよくある遊んで靴投げてついちゃったり建設中に資材踏んでそれがそのまま使われたり。ところでSOSの由来ってどんなだったの?幽霊自体がSOSって名前ってことはその幽霊は助けを求めてたんだよね?

 

 

 

もしそーであれば、子供だから無知だからでは済まされん不謹慎な差別にあたるぞ戦国武将の大谷吉継もライ病感染で映画エレファントマンみたいに布で頭部を覆っててよくしらんが顔が崩れるらしい

 

 

 

というのも、当時から割と特殊学級の生徒たちと普通学級の生徒たちがオープンに触れ合う形での教育がされてた記憶があって児童保育教室(鍵っ子とかが時間を潰せる様に、放課後に工作や遊びをする教室)でそういう子たちと混じって遊んでいたから、どういう子がいるか、という認識はしっかりあった。あとこの絵に描いたSOSが顔を出した部屋は、基本的には生徒たちが足を踏み入れたりしちゃいけないとこでそういう児童が一人でここにいるっていうのは、当時通っていた人間からするとちょっと考えられないと思う。(あと俺の年齢からして、治療方法が確立したライ病の方を隔離している、っていうのは時代的に絶対あり得ない)絵画っていうのはある意味すごくニュアンスが近いんだけど、首がキョロキョロ動いていたんだよな~!これは絶対。足跡に関しては上で挙げてくれた説明で納得します!

 

 

 

名前の由来は分からない。俺が転向で途中編入した時に、「おい、SOSの話教えたるわ!」っていきなり言われたから、もうすでにだいぶ前から浸透してたんだよね。あと、旧校舎の件の窓はコの字型に回り込んで校舎の中に入らなきゃいけないから、流石に子供連れと言えどもこのご時世で、勝手に踏み込むのは問題かと思って入れなかったんだ。すごく見たかったんだけど。SOSっていう名前が浸透してるって自分で書いて気味が悪く感じるのが、何故そんなな特殊な怪談がすでに浸透してたか考えると、俺たちの世代が見たのが”一回目”じゃないのかもしれんね。前回があったのかも。あと広いテーマの話題のスレなのにコテハンみたいに話題に執着してしまってすいません。

               

                                                                                                                                                                                                                                               

                                                                                               

 

最新情報をチェックしよう!

長編の最新記事8件

You cannot copy content of this page