つきまとう女無知

最近2ちゃんでとあるコピペを見つけた。それを見て、忘れかけていた数年前に起きたとある事件を思い出したので、ここに書こうとおもう。たしか今から5年前の夏休み。俺が中学生の頃、実家のすぐ近くにあるお寺で盗難事件が発生した。お寺の2つある宝物庫のうちの1つの中身が盗難にあったらしい。それだけならただの盗難事件なのだが、何か様子がおかしかった。うちは代々そこの檀家を勤めているのだが、家も含め檀家や周辺の家の人たちが事件の翌日に集められ、大人達で何事か話し合っているようだった。当時俺はガキだったので「色々大変なんだな」としか思わなかったが、その時はあまり気にしていなかった。数日後。俺や同い年の従弟やその他数人の友達がお寺の裏山でエアガンでサバイバルゲーム(というかごっこだなw)をしていると、和尚さんが俺達のところへやってきて「○○(俺)と○○(従弟)ちょっと来なさい、話があるから」と呼ばれた。俺たちはお寺の裏山で大騒ぎしていたのを叱られるのだと思い、ビクビクしながら和尚さんについていくと、和尚さんはお寺の本堂に俺達を入れて「ひとまず座りなさい」と俺達に促した。和尚さんはほんとうに神妙な顔つきで、俺と従弟はこりゃまずいな…と縮こまっていると、予想とは裏腹に説教ではなく別の話をし始めた。和尚さんの話は俄かには信じられず、何か荒唐無稽な話に聞こえたが、とにかく真剣な顔つきで話していたのを覚えている。

               

                                                                                                                                                                                                                                               

                                                                                               

 

最新情報をチェックしよう!

中編の最新記事8件

You cannot copy content of this page