なにもない

夫は貨物船の船員で、数ヶ月家に帰ってこない世間はあわただしく何かと手伝いに呼び出されることが多いが、今日はとりあえず1日何も予定は無い天気も良いし、なんだかうきうきしてくる「おにぎり持って、お散歩に行こうか」眠っている娘に声をかけるおかずはたいした物がないけれど、外で食べればおいしいよねお弁当とお茶を持って、裏山を登る夏の日差しを木々がさえぎってくれて、案外快適だ、時々、山の斜面の畑でご近所さんが畑仕事をしている「こんにちは~!!」大きな声で挨拶すると、手を振って挨拶してくれるでも、なにもしないでぶらぶらしてるのが解ったらちょっと気まずいから、足早に上を目指す今日は色々サボってのんびりするんだやっと目当ての頂上近くの野原に着いたここからだったら、すり鉢状の市外がはっきり見渡せる谷の一番底では、川が流れていて、右手には港水面がきらきらと光っているちょっと手前の足下にはさっき挨拶したご近所さんの畑や、私の家も見える「ちょっと早いけど、お弁当食べちゃおうか」

 

 

 

日差しをさえぎってくれて涼しいまずは娘にお乳をあげて、おにぎりにかぶりつくやっぱり外の方がおいしいよ!食べ終わって、幸せな気分に浸る娘もお中いっぱいになったのか、膝の上ですやすや眠っているふいに、背にしている岩の端から眼を射る白い閃光が走る続いて轟音と暴風いろんなものが体にたたきつけられる訳も解らないまま、膝の上の娘に覆いかぶさり丸くなる数分経ったのか、1時間ほど経ったのか…そろそろと立ち上がるお昼前なのに薄暗い振り返ると、大岩が消えているがっしりと大きくそびえていた大岩が、今では3メートルくらいに縮んでしまった?まだ薄暗い、耳もおかしい気がつくと、娘は日がついたように泣き叫んでいるごめんね、気がつかなくて…おぼつかない足取りで、ついさっき街を見下ろした場所にたどり着く

 

 

 

おかしいおかしい谷底がすべて灰色と黒に塗りつぶされ、煙と火がみえるおかしいおかしい足下の畑も灰色でさっきまでいた人たちが消えている私の家も、建物自体がまるでもとから無かったかのようにただの灰色の空間が広がっているだけだおかしいおかしいぜんぶきえてしまったなにもない1945年8月9日 午前11時2分

               

                                                                                                                                                                                                                                               

                                                                                               

 

最新情報をチェックしよう!

中編の最新記事8件

You cannot copy content of this page