コピペ 幽霊だって遊びたい

 

 

夜の裏通りは不気味だ。いくら三人一緒にとはいっても、やはり気味が悪い。

俺たちは今、塾の帰り道。3台の自転車をたて一列にして走る。

「なーんか、夜の観覧車ってでかく感じるなぁ」

そう、俺たちはそれほど大きくない、地元の遊園地の脇を通っている。

大通りよりも、こっちのほうが近道なんだ。

「あれっ?」

悠介(ゆうすけ)のすっとんきょうな声の共に自転車も止まった。

「なんだよ、変な声出すなよな」

おくびょう物の健太が、ゴクリとつばを飲み込みながらそう言った。

「だってほら、裏口の扉が開いてるぜ」

本当だ。遊園地の裏口が開いてる。
俺はサドルから飛び降りた。

「いっちょ、入ってみるか。誰もいない夜の遊園地なんて、めったに入れないぞ」

俺の言葉に、悠介と健太は顔を見合わせ、ちょっとの間を置いてからこっくりとうなずいた。

三人がそれぞれに自転車のスタンドを立て、鍵をかける。

裏口の扉は、ちょうど俺たちがまっすぐ立って入れるくらいの大きさだ。

大人だったらわ腰をかがめなくちゃ入れないだろうな。

田舎の遊園地だからか、夜は7時までしかやってないんだ。

どこもかしこも照明が消されて、辺りは真っ暗。

だけど……….あれっ?

「なんかさぁ、観覧車、動いてるような気がするんだけど」

健太の言葉に、目の前の観覧車を見上げる。

「本当だ。何だこれ。動いてるじゃん」

「もしかして、係の人が明かりだけを消して、モーターのスイッチを消し忘れたんじゃねえの?」

「そんなドジな話があるかなぁ」

ちょっと信じられなかったけど、現実に動いているものは動いてるんだ。

「ふーん、『事実は小説よりも奇なり』ってやつだな。…………おい、これって乗れるんじゃないかな」

そうだ。きっと乗れる。だって観覧車の扉って、係の人が手で開け閉めしてるもんな。

「よっしゃ、確かめてみようぜ」

俺を先頭に柵を乗り越え、観覧車の真下にきた。

そして目の前を通過しようとする観覧車の扉に手をかける。

「おい、開いたぞ。そりゃっ、乗っちゃえ!」

見事成功!

「やった。これ何周してもただだぜ。すげえラッキー!」

悠介も健太も大はしゃぎだ。まあ、俺もだけどね。

とりあえず各自がケータイで、「健太の自転車のチェーンが切れたから修理している。だからちょっと帰りが遅くなる」って電話した。

これでしばら

 

くの間、タダで夜の遊園地が楽しめるってわけだ。

「それにしてもさ、俺たちの町って、やっぱ、田舎なんだな。『夜景が綺麗』とか、全然ないもんな」

「ああ、大通りのあたりしかわかんねえ。あんまり面白くねえな、これ」

ちょっと予想外。と、その時、もっと予想外の事が起きた。

悠介がそうっと人さし指を上げる。

「おい、俺の気のせいかな。俺たちの前のゴンドラに誰か乗ってる」

そんな馬鹿な、と目をこらす。あ、乗ってる。たしかに乗ってる。

髪の長い女の子が1人で。

「さ、さっきは誰も乗ってなかったぜ。お、俺、降りる」

「バカ。どうやってここから降りるんだ」

そんなことを話してるうちに、その女の子がゆっくり俺たちの方を振り向いて、ニヤッと笑った。

「うわぁっ!」

俺たちは三人固まって、床にはいつくばった。

早く、早く一周して、地上についてくれって、それだけを祈ったんだ。

やがて一周したゴンドラから、転がるように俺たちは降りた。

「あ、あれっ、女の子がいない!?」

健太の言う通りだった。間違いなく乗っていたはずの女の子の姿がどこにもない。

「も、もう、帰ろうぜ。出口どこだっけ」

まずい。方向がわからなくなった。

「とにかく歩け」

メリーゴーランドの横を通過する。と、そのメリーゴーランドがいきなり回りだした。

そしてそのつくり物の馬には、白い服を着た人、黒いガウンを着た人、体が半分すきとおった人など、ようするに、その、なんだ………….、

幽霊たちが楽しそうにまたがっているんだ。

「ひぇ〜っ!」

俺たちが腰を抜けた。その場から動けなくなっちまったんだ。

すると、白い馬にまたがった青白い顔の幽霊が、ニヤッと笑いながら言ったんだ。

【人間ばっかり楽しむな。幽霊だって遊びたいんだ。ヒッヒッヒッ】

それから俺たち、その遊園地に行くことはなかった。

もちろん、塾の帰りにはちゃんと明るい大通りを通るようになったんだ。

ああ、怖かった。

 

最新情報をチェックしよう!

中編の最新記事8件

You cannot copy content of this page