シャム双生児

長いので、いくつかに分けますが、出来れば全部は、書きたくないのですが・・・・・結合双生児って知ってます?一卵性双生児で、ごく稀に卵子の分裂が不完全な状態で成長し、体が結合したまま出生される事があり、この出生形態の双生児は結合双生児(シャム双生児)と言われます。シャムとはSiamで、昔、タイのSiam王朝と関係があります。 というのは、タイを中心に、なぜか、この地域には結合双生児が生まれる確率が高かったのです。 また、つい最近まで、タイでは、分離手術の技術も無く(ベドちゃん、ドクちゃんは日本で分離手術をしましたよね)、結合されたまま、大人に成長するという例もしばしばありました。1950年頃、バンコクで、腹部結合の、女の子の結合双生児が生まれ、ピムとプロイという名前が付けられました。

 

 

 

向かって、ピムが右側、プロイが左側で、腹部、および内臓器官の一部が結合しているだけ状態で、その他、四肢などは全く正常の状態でした。 一卵性双生児なので、赤ちゃん、幼児期は、見事にそっくりな顔つきで、かわいい女の子でした。 普通に生まれてくれば、二人とも、本当に幸せな人生を送るはずでしたが、神様のいたずらで、結合したまま、大きな試練を背負わされて、この世に送り出されたのです。二人は仲がよく、いつも笑っていました。歩けるようになると、互いに助け合って、歩き始め、ハンディを背負わされたという意識など全く無く、すくすくと育ってゆきました。 母親は、結合双生児を生んだこと、ハンディを背負わしたことに、常に苛まれていましたが、仲のよい二人を見ると、本当に救われたと思いました。タイ社会では、結合双生児がしばしばありましたが、社会では、やはり好奇の目で、見ることが多かったのです。 特に、子供社会は残酷で、学校に行き始めるようになると、化け物、四つ足などと、子供にからかわれることが多くなりました。(続く)

 

 

 

赤ちゃんの頃は、全く同じように見えた一卵性双生児でしたが、成長するに従って、性格・体力にわずかな差が出てきました。 左のピムは、明るくて健康でしたが、右のプロイは、少し暗い性格で、体も弱かったのです。 苛められた時は、プロイは泣き出してしまいましたが、ピムが励まし、私たちは、仲良しだから、何時までもずっと一緒にいようねといっていました。 プロイが風邪を引いて、苦い薬を飲むのを嫌がっている時は、ピムが自分の口に、薬のスプーンを持っていって、苦い薬を飲んであげました。 母親は、そんなピムをいとおしく思い、医者へは、できれば、今のうちに切断手術をして、ピムだけでも、生かして欲しいと話をしていました。 しかし、ピムは、切断手術をうけいれませんでした。 今、切断すれば、プロイが犠牲になることをうすうす感づいていたのです。ピムは、プロイに約束しました。 ずっと一緒だよ、死ぬまで一緒だよって。そうして、月日が流れました。25歳になったピムは、きれいな大人に成長していました。ただ、ひとつ、体に傷があります。 そうです。 腹部に切断手術の跡が、縦50cmほど残っていたのです。 プロイは、8年前に死亡していました。(続く)

 

 

 

ピムには、ジェイというハンサムな恋人がいました。ジェイは、ピムとプロイが17歳の時に、入院していた病院で知り合ったので、ピムの過去も全て知っており、それを受け入れて、恋人として付き合っています。新鋭の建築家で、今は、二人で、ロスに住んで、多くの友人と、楽しく生活をしていました。 そこへ電話があったのです。 「バンコクの母が危篤です。」二人は、急いでバンコクへ戻ることにしました。まず、急いで病院へ駆けつけると、眠っていた母が、急に驚き、ピムを見て、がたがた震え始めました。 まるでピムの後ろに何か、恐ろしいものがいるように・・・病院を後にした二人が、昔住んでいた家に戻ると、そこは、10年前から、時間が止まっていました。 クローゼットには、ピムとプロイのお揃いの洋服、靴がならんでおり、二人が一緒に座れるように、特別に作った鏡台もそのままでした。その鏡台の引き出しには、プロイが使っていた眼鏡も残っていました。その夜からです。 不思議なことが起こり始めたのは。明らかに、ピムは横に誰かがいるような気配を感じます。 寝ていると、横で、寝息が聞こえる、ピムを見て、犬がけたたましく吠える、また、昔からいるメイドさんも、ピムの顔を見るなり、引きつったような顔になり、消えてしまうなどの、不思議なことが起こります。 ピムは、思い出していました。あの約束を、「ずっと一緒だよ、死ぬまで一緒だよって。」ジェイは心配して、ピムを精神科の医者につれてゆきました。 精神科の医者は、あなたが、見えるように錯覚しているのは、あなたの頭の中にあるイメージで、原因は、あなた自身の心の中にあるものと説明しました。しかし、ジェイも見たのです。ピムが座るソファの横がへこんでいること、ピムがソファから立ち上がると、すぐ横のへこみも、元に戻ることを。(続く)

 

 

 

(続きです)ジェイは、二人が結合双生児の頃に、病院で、ピムと出会っています。絵が好きで、よく二人の絵を描いていました。 モデルは、ピムが右側、プロイが左側でしたが、全ての絵は、ピムだけを描いていました。プロイは無視していたのです。しかし、彼は、今見たソファのへこみは、確かに、ピムの右側にあったのでした。ピムは、相変わらず、プロイの幻覚におびえていました。寝ていると、横には、あきらかにプロイの雰囲気が感じられます。それは、日に日に、強くなってゆきます。 ピムは、半狂乱になり、クローゼットにあったお揃いの服・靴、写真など、すべての結合双生児時代を思い出させるものを持ち出して、ジェイに頼みました。「全部、焼き捨ててしまって、もうたくさんよ。」そしてしばらくして、容態が安定していた母が、急死してしまいました。目を見開いたまま、恐ろしくおびえた表情のままの死に顔です。 ピムは疲れ果てて、涙も出ない状況でした。(続く)

 

 

 

との米軍の枯葉剤説など、いろいろ言われていますが、タイ・ベトナムで発生事例が多いのは、確かです。こちらでは、一般的に、忌み嫌われる血筋が原因と、考えられており、結合双生児ができると、秘密裏に処分するケースが多く、実際は、かなり多く発生しているようです。この話は、タイで映画になっています。見無いほうがよいかと思います。

               

                                                                                                                                                                                                                                               

                                                                                               

 

最新情報をチェックしよう!

中編の最新記事8件

You cannot copy content of this page