パンデミック

俺の地元の山に神主もいない古びた神社があるんだが、そこに祀られている神様は所謂「祟り神」というやつで、昔から色々な言い伝えがあった。大半は粗末に扱うと災害が起きるとかそんな話なのだが、そのうちの一つにこんな話があった。それは戦国時代、当時の領主の放蕩息子が祟りなど迷信だといって神社のご神体を持ち出し、あろうことか酔った勢いで御神体に向かって小便をかけたらしい。それから暫くは何事も無かったのだが、数年後から異変が起きた。(古い話で詳しくは伝わっていないが、口伝として語り継がれているのは以下のようなもの)・詳細は不明だがあちこちで説明の付かない怪異が多発・村人が何人も理由不明で失踪・領主の顔が倍近くに腫れあがる原因不明の病気にかかり、回復はしたが失明・問題の放蕩息子以外の3人の息子達は戦で重症を負ったり病気にかかったり・問題の放蕩息子は乱心し山に入ってそのまま帰らず・祟りを恐れた村人達が色々と神様を鎮める試みをしたが全てうまくいかず、村人は次々と村を去り事実上の廃村にこんなところなのだが、まあ古い話であり、文献として残っているわけでもなく、事件の結末も解らない中途半端な話なうえに、口伝として語り継がれる程度のものだったのと、その後村に住んでいる人たちは後になって移り住んだ人たちばかりなので、いわゆる噂程度のものだった。そして時代は変わって祖父がまだ生まれる前、明治維新から数年後頃の話。神社は当時から神主などはおらず、村の寄り合いで地域の有力者などが中心となって掃除や神事などの管理し、たまに他所から神主さんを呼んで神事をしてもらっていた。また、口伝として残されている話などから、「触らぬ神に祟り無し」ということで、御神体は絶対に誰も触れることなくずっとそのまま存在し続けていた。

 

 

 

2日後、地主と当事者の若者達が、地主の家で神主さんを待っていると村の駐在さんが訪れ、怪現象が近隣の村や村の近くの陸軍の駐屯地でも起き始めている事、一部ではそれに関連したと思われる失踪者も出始めており、どうも被害がこの村を中心としてあちこちに拡散しているらしい、まだこの村で起きている事が噂となっている兆候は無いが、いずれ噂になり責任を追及されるかもしれない、早く何とかしたほうが良いらしい。そうこうしているうちに○○神社の神主さんがやってきたため、皆でまず山の神社の勾玉を確認しようということになった。山道を抜け神社にたどり付くと、神主さんが自分が調べた事をまず説明し始めた。神主さんが言うには、この辺りには大昔から何か良くないものがおり、その何かはよく人をさらって行ったらしい。そこで土地に人々は土着の国津神にお願いし、この良くないものを退治してくれうよう頼んだのだが、その「何か」の力があまりにも強く、しかもさらった人々を取り込んでどんどん強くなるため、その神様でも力を封じ込めるのでやっとで、とても退治することはできなかったという。要するに、その「何か」そのものは封じられたわけでは無くずっとこの村の周辺に潜んでいたが、力が封じられて何も出来なかっただけであったと。そこへ来て若者達が神様の封じていた勾玉の箱を開けてしまったため、再び力を取り戻して人をさらったり殺したりするようになったとの事だった。神主さんが言うには、戦国時代の話は恐らくここの神様による祟りで間違いないが、今回の一連の事件はそれとは全く別であり、村の人たちが見た黒い人影はその「何か」に取り込まれた人たちの姿で、最早この人たちを解放するのは無理だろうとの事だった。また、今回の一件でその「何か」はまた更に力をつけたが、まだ神様の力を借りて力を封じる事そのものは可能であるはずで、手に負えなくなる前に力を封じてしまわないといけない。そして、恐らくその「何か」は長い年月をかけて勾玉と一心同体のような状態にあるようで、あまり勾玉から遠くに離れることが出来ず恐らくまだこの近くに潜んでいるはずだという。

 

 

 

また、封を開けてしまった若者達は全員この「何か」に魅入られてしまっており、さらわれて取り込まれる事とは別の事に利用される可能性があり、「何か」の力を封じた後でも全く安心できない、なので神様が力を封じた後、これとは別に御払いをし、それでもだめなら○○神社は分社であるため、本体のある明神大社へ行って御払いをしないといけない事を伝えた。更に、「何か」の力を封じるため神様を降ろしている間、「何か」が若者達を利用して儀式を妨害する可能性も十分にあるので、封を開けるときに立ち会った若者は全員ここへ集めたほうが良いとの事だった。そして神主さんは、地主にまず普段神事を行う時の道具と、紙に書いてあるものを早急にここへ持ってくる様に指示し、若者達はここにいない者も含め全員ここへ集めるように伝えると、首謀者の若者達には決して何があろうと神社の外へ出ないよう伝え、自分自身は桐の箱を開け中の勾玉の状態を確認し始めた。勾玉を調べていた神主さんが言うには、文献にあった通り、勾玉は力を封じるためのものだったらしく、今は何の力も感じない。ただし、これもやはり文献にあったとおり、「何か」は勾玉と一心同体なため、「何か」の異様な気配だけは勾玉からも感じるらしい。数時間後、地主と村のものが神事に使う道具と残りの若者達を連れて戻ってきたため、そのまま国津神の力を借りるための儀式が執り行われた。神主さんが若者達を全員縄で囲った「結界?」のようなものに入れると、祝詞をよみあげ儀式が始まった。最初は何事も無く進んでいたが、暫くすると辺りが異様に獣臭くなり、外で何人もの人がうろつく気配がし始めた。神社へやって来た村人は全員拝殿の中にいるし、地主がこちらへ戻る前に、残っている村人達に「今日は何があろうと家から出ないように」と指示していたため、誰かがやってくることもありえない。つまり「何か」が今、神社の外にやってきているということ。

 

 

 

2年ほど前にその地元の神社が盗難事件にあい、中の祭具や御神体など一式が全て盗まれたから。最近多いらしいですね、この手の盗難事件。問題はその泥棒が桐の箱も盗んだらしい事と、あと数ヶ月で3年目であること、あとはこの「何か」は勾玉周辺の人々を周囲数十キロの範囲で無差別に襲うという事実です。祖父が言うには「今更どうにもならないし、勾玉の場所がわからなければ対策のしようが無い」のだそうだ。

               

                                                                                                                                                                                                                                               

                                                                                               

 

最新情報をチェックしよう!

中編の最新記事8件

You cannot copy content of this page