先客神の戦い

俺は黒石市なんだが、前に親父の火葬で火葬場に親族一同集まった事がある。当然坊さんもくるわけ。そんででかい待合室の隅の喫煙所でタバコ吸ってたら坊さんも一服しにきたんだよ。そんで結構坊さんの話って面白いんだよなwその坊さんは職業として僧侶やってるんだけど、その道に入ったのはやっぱ霊能力みたいなのがチラっとあって、昔から自分は坊主やるんだろうな~って思ってたとか、意外と儲かるからいい車買ったとかwその中で興味深かったのは、青森ってリアルに霊界に1番近い土地なんだと。そんで恐山が人間の世界の局地っつーかある意味端っこだそうだ。そんで北海道ってのは神様の土地なんだって。原住民のアイヌは文字通り神の民。そんで今の世界は六道でいう修羅道になっているけど、幸いまだ日本に地獄ってのは出来た事は無いらしい。そんで神が負けると地獄になるんだけど、修羅道ってのはまさに神と魔物が戦争してる状態なんだって。魔物は人間から恐怖を取り去ってしまって、神を恐れなくなって神を殺そうとしたり、やってはいけない罪(内容は詳しく知らないスマン)をやってしまう。そんで過去にあったアイヌ民族迫害やなんかはまさに魔物に取り付かれた人間の行為その物らしい。その神が負けないように神を手助けするのが神道で、魔物に負けない人間を作るのが仏教の教え。問題はこの続きの話で、神が負けて地獄になったらどうなるかって聞いてみたんだ。そしたら既に一回負けてるっていうんだよ。おかしな話だよな。日本に地獄はまだ無いのに。そんでそこ聞いたら「日本じゃなく遠い国で負けた。そこはもう地獄になってて、神も魔物もいなくなってる」って言うのさ。じゃあそれどこって聞いたらさらっと「イスラエル」って言った。バリ仏教の坊さんがだよ。そんで神様は仕方なく中国大陸通って日本まで逃げ込んで、日本人とは別のアイヌの民としてなんとか形勢を立て直そうと奮闘してるらしい。

 

 

 

書き込み乙。面白かったよ。日本の形って良く見ると、龍の形っぽいよね。北海道はその頭で、青森はそれを支える首ってとこかな。

 

 

 

おお、さっそく反応サンクス。実際坊さんから聞いた時は「???」てなモンだったよ。そのあとで知り合いが霊能力持ちって知って質問攻めしたら同じ事いうから実際そうなのか気になってしょうがないんだよ。「なんでお前そこまで知ってる訳?」とか言われたし。コイツ等のせいでオカルトに興味持ったからなw

               

                                                                                                                                                                                                                                               

                                                                                               

 

最新情報をチェックしよう!

中編の最新記事8件

You cannot copy content of this page