危ない怪談朗読師

これから夏になり、心霊番組や怪談イベントなどが増えてくると思いますので、注意喚起として書かせていただきますね。

 

 

以下は私の友人Aの体験談になります。

 

Aは既婚者で、仕事はフリーのデザイナーをしております。

お昼は家事、深夜には仕事の作業をしていたため、眠る直前までパソコンのモニターを凝視していることもあり、一時期は不眠で悩んでおりました。

 

そんなとき、たまたまYouTubeなどで朗読系の動画を聴くきっかけがあり、これがとても心地よく、睡眠導入としてぴったりだったとのことで、眠るときの日課になっていたそうです。

 

朗読動画のジャンルは怪談だったそうですが、友人Aも霊感はなく、そういったものを信じていなかったので、語られている話はほぼ創作のお話と割り切っており、朗読主の落ち着いた声を聴いて安らぎを得るために視聴していたとのことです。

 

あるとき、よく聴いていた朗読主がtwitterを始めたとのことで、新作朗読のお知らせ目当てにフォローしたそうなのですが、すぐにフォロバが返ってきて、DMまで頻繁に送られてくるようになったそうです。

 

なんでも、怪談朗読師から怪談師になるため(このヘンの違いが私にはちょっとよくわからないのですが)の修行をするために、お店を出したり自分でイベントを開催していこうと考えているとのことで、その相談のDMがちょいちょい届いていたとのことでした。

 

Aは私から見てもとてもお人好しで世話焼きなので、DMのひとつひとつを丁寧に不安な気持ちを取り除くよう応えていたようです。Aはどんなに親しくても、メールやLINE、twitterのDMももちろんですが、敬語や丁寧語を使っている人でした。

 

あるとき、怪談師から「そんな他人行儀な態度を取らないで欲しい」と指摘され、お人好しで真面目なAはそれを真に受けて、できるだけフランクな口調でお返事するようにしたとのことで。しかしAにとっては、不眠を治してくれた恩人のひとりであることもあり、敬語や丁寧語を使わずに話すというのはかなり精神的な負担になっていたようです。

 

Aは写真を撮るのも趣味でして、twitterに撮った写真を上げておりました。なかには自撮りもありまして、件の怪談師はそれを見て、若干セクハラめいた発言もしていたようです。Aは今まで心の安らぎにしていた朗読を聴くのも、段々気持ち悪くなって聴かなくなっていったそうです。

 

 

そんなある日、怪談師から突然「キミ、僕に生霊飛ばしてるよね?」というDMが届いたそうです。

 

冒頭にも書きましたが、Aは既婚者であり、A夫妻は誰が見てもおしどり夫婦で、A自身もいつもご主人のことをいちばんに考えておりました。また、仕事や趣味で日本各地を飛び回るくらい忙しい日々を過ごしており、そんなものを飛ばしている余裕なんて傍から見ても微塵もありません。この相談を受けた私はもうゲラゲラとおなかを抱えて笑ってしまいました。でも、Aは真面目なので、恩人になにか迷惑を掛けたのでは? と気味悪がりながらも、気にしていたようでした。

 

そんなAの話を聞いて、まず私が思ったのは、その怪談師はAを不安にさせて、洗脳し、なにか良からぬことに巻き込もうとしているのでは? と思いました。そして、とても心配になりましてネットでの検索を駆使し、件の怪談師について正体を洗い出そうと奔走しました。

 

すると、出てきちゃったんです。その怪談師が霊感商法グループに一時期所属していたとのことを。そのことをすぐにAに伝えると、Aも件の怪談師がなにか違法な薬物をやっているのか、あるいは統合失調症を患っているのかと考えていたところだったそうです。

 

上記のどれが正解だとしても、付き合い続けるのは危ないという結論に達し、twitterはブロックして、YouTubeのチャンネルも登録を解除し、一切関わらないようにしたとのことで、私も一安心いたしました。

 

ただ、まだ件の怪談師はYouTubeなどに動画を上げておりますし、twitterも閉じていません。

 

また、これは私が調べて判ったことなのですが、どうやら件の怪談朗読師は40歳前後にも関わらず独身の実家暮らしで、怪談朗読動画のYouTube以外で収入を得ておらず、いわゆるパラサイトニートのような生活を送っているようでした。興味を持っているものは心霊と怪談のみのようで、なにかしらの事情があって、生きている世界が狭くなりすぎてしまっているのかもしれません。

 

ここまでお読みくださったかたがた、ありがとうございます。オカルトというのは、あくまでエンターテインメントのひとつだということを忘れずに。くれぐれも怪談や心霊にあまりのめり込み過ぎず、他の趣味もたくさん持って自分の世界を広げるよう、どうかお気をつけくださいませ。

最新情報をチェックしよう!

中編の最新記事8件

You cannot copy content of this page