思い出したくないト井戸ラウマ

小3の時だからもう10年以上前の話。片田舎に住んでたこともあって、ゲームとかよりも外で遊ぶことの方が多かった。特に小1から仲の良かった俺、A、B、Cの四人は、リーダー格だったCの家に隣接してる結構深い林でほぼ毎日太陽が沈むまで遊んでた。何年も遊んでたお陰で、林の構造は熟知してたつもりだった。ある日、いつものごとく林に入って遊んでいると、急にAが居なくなった。もしかしたら迷子かな?とよくあることだったので、来た道を戻りながら探した。五分もしない内にCの家から500mくらいの所でAの横顔を見つけた。俺「何しよーと?はよ行くばい。」A「んー、あんさ、こんな所に井戸やらあった?」Aが指差した所に確かに今まではなかったはずの井戸があった。蓋が被せてあって、屋根?みたいなものから桶がぶら下がって蓋の上に置いてあった。A「な?なかったやろ?」Aの言葉に少し恐怖を覚えたけど、さすがは子供、恐怖はすぐに興味に変わって、蓋を開けてみることにした。井戸はたぶん直径1mくらい、底が辛うじて見えるからそんなに深くはなかった。

 

 

 

Cの提案に賛成して、一番小柄だった俺が降りることになった。桶の縄にぶら下がって降りていくと、意外と井戸が深いことに気付いた。上から三人が覗いてるのが見えるけど、すごく小さく感じた。井戸の底には落ち葉がいっぱい貯まっていて、何故かどれも乾燥してなくて真新しかった。B「なんかあるー?」手渡された懐中電灯の光で辺りを照らすけど、大したものは見つからなかった。俺「んー、なんもないよ。」そう答えようと上を見上げた瞬間、只でさえ暗かった井戸の中が真っ暗になった。数秒何が起こったか理解できなかったけど、すぐに蓋を閉められたと気付いた。俺「ふざけんなよ!開けんや!」下から一生懸命叫んでも一向に開く気配がなかった。加えて運悪く、唯一の光源の懐中電灯の光が明滅し始めた。泣きそうになりながら叫んでも、蓋は開かなかった。そして遂に、懐中電灯の光が消えて真っ暗になった。どうすることもできない状況で狭い空間に真っ暗にされて閉じ込められた恐怖は創造に難しい。頭が変になりそうになりながらも叫び続けた。すると、今まで消えていた懐中電灯がふと光を再び灯した。

 

 

 

壁に背を預けて座ると、目の前の壁が照らされた。さっきは気付かなかったけど、取っ手みたいなものが少し上の方にあった。縄を少し登って取っ手を引っ張ると、隠し扉?みたいに井戸の壁が開いた。恐怖というより、忍者みたいですげー!という興奮の方が大きかった。すぐに縄を降りて穴を覗くと、一気に冷や汗が沸いた。四畳くらいの大きさの穴の壁一面人形、人形、人形。種類も大きさもバラバラで、全部俺の方を向いていた。恐怖で動けずに居ると、一番奥に何やら大きなものがあった。少しずつ光を当てて行くと、徐々にそれは姿を現し始めた。ぼろぼろになったズボンを履いた足、真っ暗な手とシャツ、胸まである髪、そして顔を照らそうとした瞬間、髪の毛をいきなり捕まれて転けた。心臓が飛び出るかと思うくらい跳ねて、泣き喚いた。手当たり次第に手足をぶん回すと、何かにうつ伏せに押さえ付けられた。手から離れた懐中電灯が俺の胸に乗った人形を映したところで、俺の記憶はなくなった。

               

                                                                                                                                                                                                                                               

                                                                                               

 

最新情報をチェックしよう!

中編の最新記事8件

You cannot copy content of this page