恐怖郵便

 

どうも、「かんひも」のAです。

 

では、手土産に別の話しを。

 

これは僕が高校の頃の話です。

「かんひも」に関わって以来、

微妙な霊感に目覚めてしまったわけですが、

友人たちから、その系統の相談を受けるようになっていました。

まあ、霊感といっても、

僕の場合、ただ見えるだけなので、

本当に話を聞くだけ・・・なんですが。

それでも、中には気のせいだったり、

話を聞いてあげるだけで解決したりする場合も多く、

以外と役に立っていました。

10月25日●

その日の夕方、僕は友人のJに、

近所の喫茶店に呼び出されました。

Jは、サッカー部に所属しており、

そのマネージャーのYさんが、

奇妙なことで苦しんでいるとのことでした。

喫茶店に着くと、

すでにJとYさんは来ていました。

恥ずかしながら帰宅部で自由を謳歌していた僕は、

Jの試合の応援などで、

何度かYさんとは顔をあわせたことがありました。

Yさんは、大きな目をした、

表情豊かな可愛らしい子で、

サッカー部のマスコット的な存在でした。

しかし、久しぶりに会うYさんは、

いつもの明るさは影を潜め、

やつれ果てていました。

 

「すまん、A」

僕の顔を見ると、Jが心底困り果てた様子で話しかけてきました。

「どうも、本気でやばいらしいんだ・・・」

「どうしたの?」

僕はJに頷くと、Yさんに話しかけました。

Yさんは泣きそうな顔で、ゆっくりと話し始めました。

————————————

ここからは、分かりやすいように、

Yさんから聞いた話を

Yさん視点でお話しします。

今から1ヶ月ほど前。

9月23日●

Yさんは、自分のアパートの部屋で夜中に目を覚ましました。

Yさんは高校に通うのに、親元から離れて、

学校の近くのアパートに一人暮らしをしています。

アパートといっても、そこは女性の一人暮らし。

1階には大家さんたちが住み込み、

玄関はオートロックというなかなかのアパートです。

もともとは古いアパートなのですが、

後からセキュリティ関係を強化してあるようでした。

Yさんがふと時計を見ると、夜の2時45分・・・。

妙な時間に起きてしまったものだと、

トイレに行こうとベッドを出ました。

すると、玄関の向こうの廊下で何か音がします。

「カッ、コッ、カッ、コッ・・・・・・・」

良く聞くと、それは足音のようでした。

革靴や、ハイヒールのような、

かかとの硬い靴の音です。

 

「こんな夜更けに・・・誰か帰ってきたのかしら・・・」

Yさんは、同じ階の誰かが帰ってきたのだと思いました。

眠い目をこすりながら、

気を取り直してトイレに行こうとすると、

「カッ、コッ、カッ」

足音が、ちょうどYさんの玄関の前あたりで止まりました。

「・・・?」

Yさんは不審に思いながら、息を潜めていました。

すると

「カコンッ」

ポストから何かが投函されました。

このアパートはもともとは古いため、

玄関のドアは下部に穴が開いており、

そこに郵便が投函される、昔ながらのポストでした。

ポストに投函された「何か」は、

そのまま玄関の靴の上に落ちていました。

「郵便・・・です」

ドアの向こうからかぼそい男性の声が聞こえました。

そして、また足音をさせて去っていきました。

「なんだ・・・郵便屋さんか・・・」

Yさんは一瞬、安心しかけたものの、

そんなわけがありません。

もう一度時計を確認しました。

2時49分。

間違ってもこんな時間に配達をする郵便局員が

いるわけがありません。

Yさんは恐ろしくなり、ベッドに潜り込むと、

震えながら朝になるのを待ちました。

 

朝、ようやく辺りが明るくなってくると、

Yさんはベッドから出て、郵便を確認しに行きました。

見ると、普通の官製はがきです。

恐る恐る拾い上げて、あて先を確認してみました。

「○山 ×夫 様」

Yさんはほっとしました。

あて先が自分宛でないことに、まずは安心したのです。

そして、手紙をひっくり返して文面の方を確認しました。

「・・・!」

Yさんは、心臓がすくみ上がるのを感じました。

はがきの縁が、1センチくらいの幅で、黒く縁取られていました。

そして、空白が大部分を占める中、

真中に無機質なパソコンの字で1行だけ、

「9月27日  19時31分  死亡」

とだけ記されていました。

Yさんは、誰かのたちの悪いいたずらだと思い、

そのはがきを捨ててしまいました。

そして、Yさんはそのままはがきのことなど忘れて、

普通に生活を送っていました。

9月の27日も、別段なにごともなく過ぎていきました。

 

9月28日●

その日は休日で、Yさんは友達とファミレスで昼食を取っていました。

今度の休みの計画や、好きな歌手のライブの話しなど、

いつものように、話しは弾んで楽しいランチのひと時でした。

「・・・・!」

Yさんは、友達と話しながら、

見るとはなしに見ていたテレビの画面に、

信じられないものを見つけました。

「・・・・昨晩午後7時30分ごろ、

××市に住む・・・・・○山 ×夫さん、3○才が、

自宅で死んでいるのが発見されました・・・

死因は・・・・警察では事件と事故の・・・・ 」

それは、まさしくあのはがきに記入された名前でした。

Yさんは恐ろしくなり、慌てて家に帰りました。

はがきの名前を確認するためです。

家に着くなりYさんは、玄関の隅に置いておいた

ごみ袋の中を探してみました。

あのはがきが来てから、まだごみは出していないので、

この袋の中にあるはずなのに、

全く見当たりませんでした。

でも、あれは間違いなく、

あのはがきに書いてあった名前だったのです。

————————————————

445 <span style=”colo

 

最新情報をチェックしよう!

中編の最新記事8件

You cannot copy content of this page