手を振るモノ人に生える木

そいつは女なんだが、なんと言えば良いのか、とにかく不思議な感じのするやつで、けっこうかわいいので最初俺は付き合いたいと思い色々しようとしたが、なぜか雰囲気的にできずいつの間にか普通の友達みたいになっていた。その子が去年の11月に俺のアパートに遊びに来ていた時のこと。最初はゲームとかやっていたが途中で飽きてしまい、何となくテレビをつけてみていた。特に面白いものがやってるわけでもなく、ぼーっと見ていると、そいつが独り言のようにボツリと「あ…この人もだ」と言い出した。俺は殆どテレビを見ないので良く解らないが、どうも今映っている若手らしいお笑い芸人の事を言っているようで、俺は「何が?」と聞き返した。すると彼女は、最初「何でも無いからw」と笑って誤魔化していたんだが、俺は暇だった事もあり話題が欲しくてしつこく聞いてみた。すると渋々こんな話をし始めた。「こんな事言うと変な人に思われるかも知れないけど、むかしから特定の人に変なものが見えるときあるんだ。高校生の頃まではほんとに極稀な感じだったんだけど、最近その変なものが良く見える、今の人にもそれが見えた」俺は意味が解らず「それってよく言う霊感みたいなやつか?」と聞くと、彼女は「そうなのかな?幽霊とかは見た事無いんだけど…」と言葉を濁した。俺はその時は結構どうでもよくて、まあ話のタネになればと思い詳しく聞いてみると、彼女が見えるのは人型の何かとか黒いモヤとか、そういう「よくある」ものではなく、たまに人の背中から生えている木?のようなものが見えるときがあるらしい。彼女はそこまで話すと、突然ハッとした顔をして「信じなくて良いよw忘れてw」と笑いながら言い、その話をもう終わりとばかりに友達呼んで夕飯でも食べに行こうと言い出した。何か雰囲気的に「それ以上その事を追求しないでくれ」と言っているようで、俺はまあいいかとその話をするのを止めた。

               

                                                                                                                                                                                                                                               

                                                                                               

 

最新情報をチェックしよう!

中編の最新記事8件

You cannot copy content of this page