捨てないで

これは俺の友人のNから聞いた話です。

2年ほど前にメールで聞いた話ですが、とても怖いと思った話なので、

アウトロックに保存してあるその内容をそのまま書き込ませて頂きます。

一部どうでもいい話は、要約しております。Nは、別の学校の俺の友達です。

『最近どうや?しばらく 会ってないからな。

実はこの前 とんでもないことがあったんだよ・・。それもいい話じゃなくてさ

Aいたやろ?俺の彼女。なんでもかんでもめちゃくちゃくどいから1ヶ月(2006年現在では2年1ヶ月前)くらい前に俺のほうから振ってんな。』

確かに、Aは凄く嫉妬深く執念深い女で、顔はそう悪くもないんだけど、ある意味みんなから敬遠されていた。

Nは4回くらい告白されたけど全てふってたんだが、5回目の告白されてあまりにもしつこいのでしぶしぶ付き合うことになったらしい。

俺も関わらないようにしてたんだけど、とりあえずウザい奴だった。

『んでそれからしばらくしてな、その日夕方に俺が学校から帰ると、玄関に見慣れない箱が置いてあったんだよ。

箱を開けてみると、君の悪い、ほら、よくさ、髪が伸びるとかいわれてる、あの日本人形よ。

しかも傍らには手紙が置いてあって 「捨てないでね」 と書いてあった。

俺はこういう類の きらいやん? こんなタチの悪いことするの 誰やねん と思ったら Aやった。

「やめてくれんかなぁ こういうの まぁあいつやしなぁ・・・」俺変な納得したわ。』

 

俺もあいつなら、しそうなことだな。と思った。

『その日、とりあえず気味が悪いから物置の方に置いておいて、親が帰ってくるのを待った。

「し・・・・しかし 気味の悪い人形だな」

俺の弟も、こんなの見たら泣くに決まってるし、こういう類の俺と同じで嫌いやしな。

なるべく親と俺だけで解決したい問題やった。

辺りも暗くなり始めたころ、親は帰ってきた。俺は日本人形のことを話し、物置を開けた

「ワッ! 何これ 気持ち悪いやん 今すぐほかして(捨てて)きなさい

これ送ってきたの Aちゃんやろ? 電話しといたるから はよ 頼むで こんなんK汰(弟)見たら・・」

俺はもう触るのも嫌やったさかいに、箱にもう一回入れなおしてさ とりあえずゴミ捨て場に向かったんや。

「しっかし気味悪いな 何だこれ・・・変なオーラとか あんのかな? もしかして やばいやつか?」

とか思いつつも、霊的な事の存在を全く信じてなかったから 俺はとっとと捨ててかえってきたんや。』

 

俺なら Aを呼び出すだろう。

『その日、親がAと何を話したのは知らんかったけど とりあえず捨てたってことで安堵して 普通に寝た。

手紙も 嫌がらせの一部だろうと思ってたしな』

きっとそうだろう と思った。

『翌日、登校してみると

「バスケで知り合った○○校のAってやつが 3組のN(俺な)を絶対殺すとか言ってたよ Nってやつ呪い殺されるんじゃね?」

「アイツなら やりそうだな」

なんて話が聞こえてきた。

俺はええ加減に腹が立つさかい帰ったら 電話でガツンと言ってやろうと思ったわ。

俺はいつもより早く帰宅し、帰って早速受話器を取った。当然 Aにかけたんよ。

でも、Aは通話中だったので ちょっとまったろかな 思って テレビでも見て少し時間をつぶしてると

プルルルル プルルルルル と電話が鳴ったんよ。もちろんAからや。

俺は受話器を取ってすぐに「おまえなぁ」とキレ気味で話したんやけど

Aは冷淡に「あのね お人形 捨てたの? Nくんの お母さんから聞いたよ?」と返してきた。

「バカヤロウ 前置きもなしにあんな気色悪い人形と手紙が送られてきて 捨てるに決まってるやろが!」

「そうね 私はいいんだけどね どうなっても しらないよ ウフフ」

その場にいたら、殴ってやろうかと思うような態度やったな

「おいどういうことやねん!」

「あれはね ○○峠(超有名な心霊スポット)に落ちてた お菊人形なの。傍らには 捨てないでね って書いた手紙があってね

これは怖いと思ったから あなたに 送ってみたの」

「アホかお前・・・なんでそんなことすんねん」

「Nくん 私をフったでしょ?」

まあ確かにそれ以外に動機は見当たらない。

「お前・・・・・」

ツー ツー ツー・・・

そこで一方的に電話を切られたんな。』

 

なんて恐ろしい奴だ と思った。前々から少し距離を置いていたが まさかこんな奴だったとは・・

『○○峠といえば ○○市の有名な心霊スポットやろ?まったくタチわりぃわ。

そもそもそこは自殺の名所だしな まったく・・・・・・』

俺はこの時点で既にメールに見入っていた。

『あ。あのな お前にこのメールを送ったのは意味あんねん。

お前 オカルトに詳しいだろ?だから、また説明するけど なんか 対策とか知らんか?』

そんな事言われても・・・って感じだったが まあ一応この板見てるくらいだから

オカルト好きなのは確かだし、何か力になれることがあるかも知れないと思って 電話をかけた。

まあ会話の内容一部始終ですがうろ覚えで。

俺『この前のメール あれ どういうことだ?』

N『だから 何か起こったり せーへんかって』

俺『お前そういうの信じてたんか?』

N『いやそういうのじゃなくてな』

俺『まあ 俺もそういうの詳しいわけではないし 何か起こるまで 対策の施しようはない』

N『そうか・・』

俺『もし気になるなら そういう人形収めてる寺みたいなん テレビでやってたろ?

あそこに収めてもらうとか 別にあそこでなくてもいいし とりあえずお祓いをしてもらえ。』

N『まあそれくらいしか ないやろな また何かあったら 電話するわ そんときは頼むで!』

俺『おう任せしとけや!』

それから3日ほど経った日。またメールが来た。

 

『うわぁ やっぱあれヤバいわ。どうしよう・・・・

捨てたはずやのに なんか普通に机に置いてあったし・・・・今俺怖くて家はいれへんわ』

ど・・・どういうことだ?

すぐさま俺は返事を書いた。

『たとえば Aが侵入して 机に置いたとかないんか? それがないなら ヤバいかも知れない

今すぐ お祓いをしてもらえ』

30分ほどして返事が返ってきた。

『お祓い・・・ちょっとコストが高いかも知れん 怖いけど 捨てるのは気がひけるし

物置の 一番奥に 箱にガムテープぐるぐる巻きにして しまっとくわ また出てきたら メールする』

そう、返ってきた。

その翌日のAM7時にメールが来ている

『う・・やばいって ほんまに。

物置開けてみたら なんか箱からでてんねん 箱は開けられた形跡はないのにやで?

しかも 昨日母さん 事故ったし・・・・・・ ど、、どうしよう』

俺はすぐ返事を書いた

俺『とりあえず、落ち着け。まだ危害はないはず

そろそろ 携帯にしよか。 ネットじゃまにあわんくなるかも知れんし。』

N『そうやな。。』

当時まだ中3だった俺らは 何分田舎なもんだから 二人とも携帯を持っていなかった。

だけど こうなっては仕方がない。緊急時に連絡が取り合えるように 二人とも携帯を購入した。

 

そしてその次の日、またNからメールが来た。

『や・・・やばい 物置に入れといたら 物置に穴が開いてる ど・・・どうしよう 人形は見当たらんし

ひとりでに出たんか・・・?』

正直俺は血の気が引くような感じがした。まだ中3だったし これほどの恐怖はない。

『いいわ 俺が話つけたる』

ちなみに俺は、Aと同じクラスだ。つまり

俺とA ○南中3-2組

N   ○西中3-3組

といった感じ。

Aは最初にNからメールが来たころから学校に来なくなった。

俺はそろそろ放って置けない状況にあると思い Aに電話をかけた。

『おかけになられた電話番号は現在使われておりません』 ツー ツー・・・・

クソっ・・・アイツ!

俺は Aの家を知らない

 

俺『とりあえず 今日は学校へ行こう。帰ってきたら PM:6時に○○公園に その人形を持ってきてくれ』

N『わかった』

その日も相変わらずだ。Aは不登校のまま。オマケに、Nの噂がかなり立つようになった。

『知ってる?Aちゃんって○○中のNって奴と付き合ってたやん?その子にフラれて すごく恨んでるんやってさ』

『Aちゃん かわいそうやな』

こちらの学校では なぜかAに同情的な意見が多いらしい。

俺は真実を話してやろうと思ったが、空気が空気なので口を噤んだ。

 

その日、指定していた○○公園で俺が待っていると 少し遅れてNがやって来た

N『すまねぇ ちょっと遅れた いやー 久しぶりやな んでこれがその・・・・』

と、見せられたのは いかにも って感じのお菊人形。

こんなのが送りつけられてくるだけでも 鳥肌ものだが

おまけに自殺の名所に落ちていたお菊人形・・・・・・

俺『そ・・そうか、んで お母さん大丈夫なんか?』

N『母さんは 何とか一命を取り留めたよ。本当に 良かったわ・・』

俺『おお・・・安心したわ』

N『これ・・・どうすればいいと思う?』

俺『Aに返す』

N『・・・・!?』

俺『Aが持ってきたんだ Aに渡すしかない 俺たちはお祓いなんてしてもらえるほど 金は持ってない。

しかも お祓いをしてもらえる場所を探して そこに行かなければならんし

お前の親なら 連れて行ってくれるかもしれんけど 俺の親は 厄介ごとはごめんやっていうやろう。』

N『で・・・・でもAが出てくるかどうか・・・』

俺『大丈夫 少し 提案がある』

N『ん?』

そして、その日はNは母親の見舞いに行くらしいので 俺も同行した。

 

そして次の日。その日は土曜日だったので、Nと一緒にAの家に行くことにした。

Aの家は俺は初めて見るが、凄く立派な家だ。

○○(自殺の名所)は、ここから数kmしかはなれていないので、がんばれば行ける距離だが

不登校になっているコイツが わざわざ出向いて人形を持ってくるか? それが俺の引っかかりだった

そして、俺の提案とは Nがひたすら謝って Aを呼び出して さりげなく人形を返すことだ。

ピーンポーン

インターホーンを鳴らして 出てきたのは 何と意外にもA本人だった。

A『・・・Nくん どうしたの?』

N『実はさ・・・俺 謝りたいことがあるんだ』

A『今更 何も謝ってくれなくてもいいよ』

N『いやそうじゃなくて・・・』

といった会話が数分続いた。

 

最新情報をチェックしよう!

中編の最新記事8件

You cannot copy content of this page