普通の子に戻れた日

 

一見するとどこにでもいる、ちょっと背が曲がったお婆さんなんだけど、

目がとにかくおかしい。見開いて、異様に大きい目が瞬きもしない。

普通の人は目の下に頬骨があって、眼窩はへこんでる。だけどそのお婆さんは、

不自然に凹凸のなくのっぺりした顔。皺だらけなのに目は埋もれていない。

魚の、キンメダイやサケガシラみたいにどろんとした目。

あのお婆さんが生まれて初めて恐ろしかった気がする。

なにをどういいわけしたのか、もごもご言っているうちに、

おばあさんは随分親切になって、家の中に私を連れ込みました。

それから、色んな話を聞いた気がするけど、私はもう帰りたくてしょうがなかった。

「もううちにかえらないと」というと、お婆さんは随分渋りました。

「ここにずっとおればええがね」「ここにずっとおればええがねぇ」

と私の左肩をつかんで揺すりましたが、もうここから抜け出したいの一念で、

「うちにかえらな」「うちにかえらな」と言っていました。

とおうとう諦めたお婆さんは、奥からジュースを取り出してきました。

スイカのジュースみたいな色で、なんだかどろりとしています。

「外は日が当たってるから、でれんから」と言われ、

私はこれさえ飲み干せば帰れると思い、頑張って飲みました。

甘さベースでしたが、妙に生臭くて、生の小麦粉みたいに苦かったです。魚のてんぷら作った後の

生の天ぷら粉ってあんな味がするんじゃないでしょうか?

その後お婆さんは、「迎えに行くから」とか「何とかさんに頼んで連れてきてもらうから」

とか言っていたようですが、私はもう恐ろしくて、一目散にその家を去りました。

 

近所の家が家族と、救急車を呼んでくれたことは覚えています。

それから私は血便と止まらない鼻血、脱水症状で何日か入院しました。

驚いたことは、私が松林に入ってから、10分とたっていなかったことです。

私の話は全て作り事とされ、何か悪いものを食べたのだろうと済まされました。

その後、見違えるように「普通」になった私は、前のように不審な行動をすることもありません。

時間や距離を無視した移動もしなくなりました。

正直、上の話も夢か何かだったような気さえしてきます。

ですが、目のおかしいおばあさんと、蛆交じりの血ははっきりと記憶に焼きついています。

それからあの松林に近付いたことはありません。帰ってきたと思われては困りますから。           

 

                                                                                                                                                                                                                                               

                                                                                               

 

最新情報をチェックしよう!

中編の最新記事8件

You cannot copy content of this page