笑い女

テレビのバラエティ番組を大音量でかけてて頭痛い状態なので、誤字脱字あるかも。先週の金曜のことなんだけど、会社の先輩の大村っていう男が死んだ。もちろん直接現場を見たわけじゃないけど、マンションの自室で、自分の両耳にボールペンを突き刺して死んでたらしい。大村自身の手がペンをギュッと握り締めてたっていうんで、警察も事件性は認めずに、すぐに自殺だって判断した。会社の連中はそんな大村の死に様を随分不思議がったりしていたけど、俺は特に驚きもしなかった。それでも司法解剖っていう奴がどうしても必要らしくて、多分、大村の身体は詳しく調べられたんだと想像してる。わかりきってることを調べるために身体を弄り回されるなんて、ちょっと気の毒だと思う。すぐに通夜があって、同じ課の奴らは課長を先頭に連れだって公共斎場に行ったらしいけど、俺だけはどうしても外せない用事があるって課長に断って、直帰した。周りから見たら不自然だったろうとは思うけど、通夜なんていう湿っぽくて皆が押し黙ってるような空間には、今は堪えられそうにないから。

 

 

 

お互いに相手のマンションの所在地を知ってたって書けば、どの程度の仲だったかは伝わるかなと思う。三週間くらい前のあの日も、大村が会社帰りに俺の部屋に遊びに来てた。俺らは缶ビールを飲みながら、同僚の陰口ばかり叩いてた。二人とも酒を飲むときは会話だけを楽しみたいってタイプだったから、テレビもつけてなかったし、音楽を流したりもしてなかった。我ながら暗いとは思うけど。そのうちに、買い溜めてあったビールが尽きた。俺はアルコールが無くても会話が楽しければ良いと思ってたんだけど、大村はそれじゃ駄目みたいだった。すぐに買いに行こうって言い出す。渋々ながらも、大村を連れてマンションを出て、近所のスーパーに買い出しに行った。店に入るとすぐに、大村が「おい、何だよ、あれ」ってニヤニヤしながら聞いてきた。指さす先を見ると、ボサボサの髪を腰まで垂らした女が買い物カゴをぶら下げて、野菜を選んでた。別に何の変哲もない、よくある光景だ。ただ一つ変わってるとしたら、女が大声で笑ってることだけ。レタスを手に取りながら、「いひゃっいひゃっいひゃっ」て笑ってるだけ。それすらも、俺にしてみればやっぱり何の変哲もない、よくある光景だ。「ああ、あれ。笑い女だよ」

 

 

 

パッと見にはごく普通の若い女で、取り立ててどうこういうべき所もない。確かに、腰まである髪は痛みきっていてボサボサだけど、そんな女、どこに行ったっていると思う。ただ、笑い女の変わっているところは、その呼び名通りに、いつでも笑っているところ。「いひゃっいひゃっいひゃっ」ていう何かから空気が漏れるような、それでいてちょっと湿った感じの独特な笑い声を撒き散らして、口の端から涎を垂らしてる。だから皆、「笑い女」とか、レジ打ちのおばちゃんも「お笑いさん」とか呼んでる。ただそれだけの存在だ。キチガイ風でもあるけど、笑い声さえ気にしなければ誰に迷惑をかけるわけでもないから、周りはあんまり気にしない。気にしたとしても、「嫌な物を見た」ってちょっとのあいだ思うだけで、すぐに見て見ぬふりをする。今になって思えば、その時の大村はかなり酔っていたんだと思う。「ちょっと、からかって来るわ」とか言って、笑い女に近寄っていった。俺も酔っていたんだと思う。何しろ、大村のことを止めようとはしなかったから。「なぁ、おい、アンタ。何がそんなにおかしいんだよ」大村はぶっきらぼうな口調で笑い女に声をかけた。けれど、笑い女は答えない。「いひゃっいひゃっいひゃっ」て笑うばかりだ。「おい、答えてみろって。世の中、こんなに不景気だっつーのに、何を楽しそうにしてやがんだ」大村はそんな内容のことを言ってた。多分、それまでは俺と一緒に陰口を叩くことで発散してたものが、酔いのせいで他人にまで向いたんだと思う。やっぱり、笑い女は「いひゃっいひゃっいひゃっ」て笑うだけで、何も答えない。そんなことをしばらく繰り返してから、大村は「何だよ、こいつ、つまんね。おい、もう行こうぜ」って言って、不機嫌そうにその場から離れた。

 

 

 

大村はすぐに缶ビールを手に取っていたけど、俺はビールに飽き始めてたから、チューハイをじっくり選ぶことにしたんだけど、そのうちに、大村が「うおっ」ていう叫び声を上げた。何かと思って振り返ると、大村と笑い女が至近距離で向き合ってる。例の「いひゃっいひゃっいひゃっ」ていう声と一緒に、女の口から大村の顔に唾が飛んでるのが見えた。それから大村が両手を突き出して笑い女を押し倒すまでは、一瞬だった。笑い女はフラフラッと倒れて、ペタンと尻餅をついて、それでも「いひゃっいひゃっいひゃっ」て笑い続けてた。買い物客とか店員とかが遠巻きに二人を眺めてて、俺も気まずくなってきたから、適当にチューハイを選んで大村と一緒にそそくさと会計を済ませた。笑い女に謝ろうかとも思ったけど、事情がよくわからないし俺が謝るのも変な気もして、やめておいた。何があったのか聞くと、大村が言うには、「お前が酒選んでるの眺めてボーッとしてたら、耳元で気持ち悪い笑い声が聞こえた。驚いて振り返ったら、すぐ目の前にあの女の顔があった」それで、気味が悪かったから咄嗟に突き飛ばしたっていうことらしい。それから、「よく見たらあいつ……」って何か付け加えかけたんだけど、途中で口ごもって、最後まで聞かせてくれなかった。

 

 

 

でも、大村はさっきのことでバツが悪いのか元気がなくて、ふとした拍子に会話が途切れてお互いに黙ってしまうようなことが多くなった。そんな感じで会話が途切れると、大村はキョロキョロと視線を動かしたりする。そのうちに、「何かゲームやろうぜ」って大村が言い出した。こいつがゲームで遊びたがるなんて珍しいなーとは思いつつも、真・無双3で遊んだ。二人ともすぐに熱中しだして、大村もいつも通りの元気な感じになってきた。そうしてるうちに、バスがなくなるっていう時間になって、大村は帰っていった。この時の俺は、スーパーでのことなんか完全に忘れてたと思う。次の日から、大村の行動がおかしくなりはじめた。まず、やたらとウォークマンで音楽を聴くようになった。別にそれ自体はおかしなことではないけど、出勤途中に顔を合わせてこっちから声をかけても、軽く手を上げるだけでイヤフォンを外そうとしない。近寄ってみると、物凄い大音量で聴いてるみたいで、やたらと音漏れしてた。ちょっと感じ悪いなと思ったけど、その時は別に何も言わないでおいた。それが、昼休みにまで音楽を聴くようになった。昼飯に誘おうとしても、大村はそそくさとイヤフォンをつけて一人でどこかに行ってしまう。挙げ句、仕事中にまでイヤフォンを外さなくなった。さすがにこれはおかしいと思っていたら、大村よりもさらに上の先輩が大村を怒鳴りつけた。それからは、仕事中に音楽を聴くようなことはなくなったけど、かわりに独り言を言うようになった。しかも、「うるさい」とか「ああああああ」とか、大声で言う。周りが注意してもやめようとしない。みんな、正直気味悪がってた。見るに見かねて、退勤してから大村を呼び出して話をすることにした。

 

 

 

ファミレスはそこそこの混み具合で、高校生っぽいのが大声ではしゃいだりしてた。それから、俺が最近のお前はおかしいって切り出すと、大村は自分でもわかってるって言った上で独りでに話し始めた。なかなか要領を得ない話だったんだけど、大雑把にまとめるとこんな感じ↓例のスーパーでの一件以降、ふとした拍子に笑い女の「いひゃっいひゃっいひゃっ」ていう笑い声が聞こえるようになった。初めはかすかに聞こえるという程度で、空耳かとも思ってたんだけど、丁度、背後から段々近づいてきてるような感じで、日を追う毎に笑い声は大きくなってきてる。周りで何かの音(音楽とか人の声とか)がしているような時には、笑い声は聞こえてこないのだけれど、ふと無音状態になると、「いひゃっいひゃっいひゃっ」が聞こえてくる。今では、少しくらい辺りが騒がしくても、それ以上のボリュームで笑い声が聞こえてくることもある。何より辛いのは夜中で、寝ようと思って電気を消すと、部屋中に鳴り響くような勢いで笑い声が襲ってくるので、とてもじゃないけど、寝つくことなんてできない。まとめるとさっぱりしてるけど、実際には話してる途中でいきなり大声を出したり、「あいつが、あいつが」って泣きそうな声で繰り返したりするから、内容を掴むにはかなり時間がかかった。しまいには、「あの女に呪われた」とか「あいつ、幽霊なんじゃないか」とか言い出す始末。

 

 

 

笑い女は幽霊なんかではないし、ただのちょっと変わった女でしかない。その証拠に、あの日以降も俺は笑い女がスーパーで買い物をしてるとこを何度も見てる。実在する人間だ。笑い声が独特で気味が悪いから耳に残ったっていうのと、大村なりの罪悪感みたいなものが、妄想の原因だと思った。大体、スーパーに出る幽霊っていうのも、何だか間抜けだと思う。そう言って聞かせても、大村はまるでこっちの言うことを聞こうとしない。「呪い」とか「幽霊」とか繰り返すばっかり。俺は段々イライラしてきて、「そんなに言うなら、一緒にスーパーに行こう」って切り出した。大村の言ってることの馬鹿馬鹿しさにも腹が立っていたし、相手が現に実在してるただの女だって認識すれば、変な妄想もなくなるんじゃないかと思ったから。勿論、大村は猛烈に嫌がったけれど、俺は大村を無理矢理引き摺るようにして、レストランから出て、電車に乗って、例のスーパーに向かった。電車の中でも大村はブツブツ呟いて、びびってた。やっとスーパーの前まで着いたところで、大村がやっぱり嫌だって言い出した。絶対に中には入りたくないって。仕方ないから、店の前の駐輪場から店内を覗こうって俺が提案した。それでも大村は帰るって言い出してたけど、俺は相手の肩をがっちり押さえて、逃げ出せないようにした。ちょっとだけ弱者をいたぶるような気持ちもあったと思う。けれど、ガラス越しに店内を眺め渡しても、笑い女はいなかった。いつも笑い女と出くわす時間は大抵このくらいだから、きっといるだろうと思ったのが失敗だったのかもしれない。マズイなと思った。ここで笑い女を見ておかないと、大村は余計に「あいつは幽霊だ」って思い込むかもしれないから。それでももう少し待ってれば、いつものように買い物に現れるかもしれないって、俺は粘った。

 

 

 

「聞こえるよう、聞こえるよう」って子供が泣きじゃくってるみたいな調子で、鼻水を垂らして言う。「やっぱ呪われたんだよう」って。でも俺は、それが笑い女の呪いなんかで聞こえてるわけじゃないってハッキリ気づいてた。なぜなら、「いひゃっいひゃっいひゃっ」ていう笑い声は、大村だけじゃなくて、俺にも聞こえてたから。首だけを横に向けて振り返ると、俺に肩を掴まれた大村の真後ろに、笑い女が立ってた。「いひゃっいひゃっいひゃっ」て笑いながら、涎を垂らしてる。俺は大村が絶対に後ろを振り向かないように、肩を押さえる手に力を込めた。ただでさえ笑い女を怖がってる大村が、こんな至近距離で当の本人と向かい合うのは、絶対にまずい。少しすると(凄まじく長い時間のように感じたけど)、笑い女はスーパーとは逆の方向に笑いながら去っていった。立ち去り際に、笑い女の顔が俺の方を向いた。俺はそれまで笑い女を遠巻きに見たことは会っても、あんな至近距離で真正面から見るのは初めてだった。口はにんまり開かれてるのに、ボサボサの髪の中でこっちを向いてる目は、全然笑ってない。でも、怖いと思ったのはそんなことじゃなくて、笑い女の口そのものだった。涎が唇の端で泡になってる、笑い女の口には、歯がなかった。

 

 

 

何も知らずにまだ震えてる大村を、無理矢理バスに乗せて一人で帰らせた。もう、その時の俺にとって、大村の妄想とかはどうでも良かった。ただただ自分が見たものの気味悪さが恐ろしくて、早く自分の部屋に帰りたいっていう一心だった。その日以来、大村は会社に出て来なくなった。最初はみんな(俺以外みんな)、「あいつ、この年末にサボりかよ」とか言ってたけど、あまりにも無断欠勤が続いたから、いくらなんでもこれはおかしいって話になった。そのうちに、大村が死んだってことがわかったのが、先週の金曜。今となっては大村も気づいていたのかはわからないけど、俺にはハッキリわかってることが一つだけある。笑い女の「いひゃっいひゃっいひゃっ」てのは、笑い声なんかじゃない。よく聞くと、「居た、居た、居た」って言ってる。

               

                                                                                                                                                                                                                                               

                                                                                               

 

最新情報をチェックしよう!

中編の最新記事8件

You cannot copy content of this page