肝試し

友人と私、それと2つ上の先輩の4人で深夜、地元で有名な心霊スポットに行くことになりました。男4人で心霊スポット巡りとなんともむさ苦しい感じですが、友人は心霊的なものが特に苦手らしく、先輩達は友人をからかうつもりで「○○(心霊スポット)今から行こうぜ。」と提案しました。その場所は山奥にある建物で、車で向かいました。その建物の地下で10人近い人間が火をつけて心中したとか建物の裏手の崖から落ち武者が昇ってくるとかの噂がある所でした。

 

 

 

いざ現地につくと、「うお。マジで怖っ。」といい、車から外観を眺めているだけでした。私が「降りひんのか?」と先輩に尋ねると、「じゃあお前降りろよ。」と言うので、車を降りようとしました。友人は現地についてずっと私のTシャツの裾を握りしめていましたが、「降りるわ。」と言い、離してもらおうとすると、怯えた顔で、「やばい。ここはやばいて。絶対やばい。」と私に訴えかけてきました。とりあえず先輩達が急かすので、友人の手を解かせて車を降りました。そしてその建物の周りを歩いて、ぐるっと一周、裏手の崖も覗いてみて、車の前に帰りました。先輩達は興味深そうに「なんか出た?」と聞いて来ましたが、私は「いやなにも。」と答えました。そして誰も一向に車から出てこないので、前の座席の先輩達に「お前らが行こうって言うたんやろ。降りろって。地下見るんやろ。」と言いました。先輩は「お前怖くないんか。」と聞いてきたので、「あんまり。」と答えると、先輩の片方(A)が、「じゃあ明日までここで泊まってみろ。」と私に言いました。私は「なんでこんなとこで寝にゃあかんのよ。」と、おそらく真っ当な意見を返しました。すると先輩Aは「怖くないんやろ?10万やるって言うたら泊まるか?」と提案しました。

 

 

 

先輩Aは「ええで。」と言い、財布の中から1万円札を10枚出しました。私が「なんでこんなに持ってんの?」と笑いながら聞きましたが、そういえば先輩Aはパチンコやらスロットやらで大勝ちした。見たいな事をその日言っていました。私は「後で返せゆうても返せへんで。」と念を押して金を受け取り、その提案に了承しました。先輩達は「あほやこいつ」と笑っていましたが、私も「10万も出すほうもアホやろ。」と返しました。友人は何も言わず、後部座席でうずくまっていました。先輩達は私を置いて行く前に、「地下行って来い。」と楽しそうに言ってきました。10万円も貰った私はさして気分も害せず受け入れて、地下に向かいました。家事があったのは本当らしく、まっ暗な中でもライトの光で壁中焦げて真っ黒になっていました。地下はそんなに広くもなく、目に付く所と言えばお風呂の浴槽のようなものだけでした。車の前に戻り、「壁が真っ黒だった。火事でなんやらゆうてたやん。」と報告すると、先輩達は「おー」と嬉しそうに聞いていました。そして明日の朝9時に迎えに来る。と約束をして、私一人を残して車で山を降りていきました。

 

 

 

その廃墟の一番マシそうな横になれる所をみつけて、埃を払い、座り込みました。時刻は深夜1時くらいで、どうやって暇を潰そうかと、とりあえず携帯をいじっていました。誰かに電話して時間を潰そうにも時間が時間ですし、電波はギリギリアンテナが一本立つか立たないか程度なので、あきらめました。しかしこう山奥にもなると、怖いのは幽霊より野犬とかじゃないのか。と考えました。廃墟は地下以外は外に剥き出しですし、地下は汚れがひどい上にさすがに気味が悪い。これはうかつに寝ると危ないな。と考えていました。あまりに暇なので、もし幽霊が出てきたら。等と考えたりもしていました。「まあびっくりはするかなあ・・。」等と思っていたら、睡魔が押し寄せて私は簡単に眠りに落ちていました。目を覚ますと、午前5時を過ぎたところでした。夏場だったので結構明るくなっていたし、私は山を迷わない程度に散歩することにしました。野うさぎがいて軽く感動したりして、こういう自然もいいなあと思い廃墟に帰り、9時を待ちました。

 

 

 

電波の良さそうな場所を探して電話をかけたのですが、友人の家で泊まった先輩二人は、「すまん寝てた。」と寝起き声で言っていました。大体予想通りだったので私は「ええからはよ来い。」と強めに言って、迎えを待ちました。迎えが来たのは11時半を過ぎたところで、先輩二人と友人、あと先輩Aの彼女が車に乗っていました。先輩達は「なんかあったか?」としきりに聞いて来ましたが、私は「特に何も」とありのまま話しました。つまらなさそうでしたが、「まあそんなもんだろう。」という結論に落ち着き、早速山を降りるため私を乗せ車を発車させました。発車して間も無く、私は自分の足元が誰かに掴まれているのに気がつきました。後部座席は端から私 友人 先輩Aの彼女となっており、二人とも両手は見えていました。私は総毛立ちましたが、「ええ?このタイミング?」とも考えちょっと可笑しくなりました。

 

 

 

 

 

 

 

掴まれているというより、その手は思い切り爪を立てて食い込ませるように痛みを与えてきました。しかし私が騒ぐことによって車中がパニックとなり事故を起こすのが狙いかな。とも考えました。私は「なんかありそうな聞いた事あるような話しやな。」と思いながら必死に平静を装い、また一番見られてはいけない隣にいる友人に気づかれないよう、前のめりに座って影で隠していました。山を降りる手前辺りでその掴む手の感触がなくなり、ガソリンスタンドに寄った後、先輩Aの彼女がミニストップでポテトが食べたい。と言い出したので寄る事にしました。

 

 

 

先輩Aは「どないしたん?」と聞いてきて、私は「危なかったでぇ~。」と息をつきました。よく分からないという表情の先輩Aに正体不明の手の爪による血のにじんだ足を見せ、「降りる時に足掴まれてた。」と言うと、先輩Aの顔は正に真っ青になっていました。先輩Aは「マジか?自分でやったとかじゃないんか?」と聞いてきましたが、私は綺麗に切った爪を見せ「こんな爪でどうやってすんな痕つけれんねん。まあどっちでもええけど焦ったわ~。」と答えました。「お前 なんで黙ってんのん そん時言えよ!!」「そんなもんお前 言うたらパニックになって事故るかもしれへんやないか。」「あ~・・・ そうか。」「ナイス判断やろ。」「おお。」「(友人)と(彼女)には言うなよ。トラウマなるで。」「分かってるけど俺にも言うなよ。怖いわ~・・。」「いや誰かに言いたいやんかやっぱり。」等と言うやりとりをした後、他の3人に黙ったまま買い物を済ませ友人宅に戻り、私はすぐ自宅に戻ることにして、解散しました。

 

 

 

「盗るもんなんかなんもないし 警察も呼ばへんからとりあえず出て行ってよ。」とベッドに腰を下ろして男に言いました。それからしばらく男をじっと見ていましたが、微動だにせず、何も言いません。「しゃあないから叩き出すよ。」と声をかけても反応しませんでした。しかしふと私が掛け時計に目を向けて、彼に向き直ると、彼はこちらに顔だけ向けて、私と初めて目を合わせました。目は小さく、斜視が入っている感じで、団子鼻、口は少しだけ開いている。私はその顔つきに何か普通の人とは違う違和感を覚えました。彼は若干睨む様なそうでないような感じでこちらをじいっと見て、私も彼を真っ直ぐに目を逸らさず見ていました。4階な上に鍵もかかっていたままだったのでこの世のものではないという考えもありましたが、幽霊にしてははっきりしすぎているというか、生気がある感じがしたので、私は8割普通に家に入り込んだ「人間」という風に彼を捉えていました。私は立ち上がって彼を見た時の違和感をそのまま口に出して言いました。「知的障害かなんかの子かな・・・?怒らんから、出て行こう。ほら。」そう言って彼の腕を掴むと、その感触は異様なでした。どっしりと中身の詰まったダンボールのような感触で、気味が悪いものでした

 

 

 

すると彼は少し振り払うように腕を動かし、私はその感触もあってか手を離すと、とぼとぼと玄関の方へ歩いて行き、ドアを開けて出て行きました。私もすこし待って下のマンションの玄関あたりを観察しようと思いドアに向かうと、部屋とドアの間にあるトイレのドアがドォン!!!と激しい音を立てました。私は少し警戒しながらトイレのドアを開けましたが、誰もおらず、いつもと変わらぬ光景でした。すると次は流しの上の、観音開きの小さな戸棚からドォン!!と激しい音が聞こえてきました。「なんやねん」と思いつつもその戸を開けてみると、そこには30代後半くらいの男性の顔がありじっとこちらを見ていました。私もその男も、じっと少し睨む様な感じでお互いの目を見ていました。そして私はなんとなく「どうせなんか言うても黙ってんねやろ。」と口を開き、戸棚を閉じました。その後、夕方まで特になにも起こらず、少し睡眠をとったりした後、当時勤めていた職場であるお店に向かいました。そこでよく「この店は出る」等とよく言っていた自称「霊感がすごい」大学生のアルバイトの女性(Hさん)に昨晩泊まった心霊スポットについて尋ねました。

 

 

 

「あるよぉ。あるけどもう絶対行きたぁない!」「やばいんですか?」「やばいやばい 絶対やばい! あそこ行くん!?」「行かないですけど 地下がやばいとかって聞いたんですけど」「だって地下で死んでんやろ!?」という風なやり取りをした後、あそこはどういう場所か知っているかと聞くと、更正施設(?)のような所で、どうしようもない不良や知的障害の人等が収容されてたとかなんとか、と聞いた話で確信はないが、という風な感じで教えてもらった。これも有名な話らしかった。私は少しだけ自分の考えと繋がった気がして、坊主頭の彼を思い出した。仕事中、携帯電話は基本事務室に置いていたのですが、アルバイトの従業員が、「なんかずっと鳴ってますよ。」と私に報告してきました。私はなんだろうと思い携帯の着信を確かめに事務室に向かうと、確かに携帯はまだ着信のバイブレーションで震えていました。

 

 

 

先輩Aは「そんな事するわけないやろ!! とり憑かれたんちゃうんかこれ!?」と半ばパニックになったような感じで「なんとかなれへんのか!?」と私に言いました。そう言われてもどうしていいのか分からない私は、とりあえず先輩Bに代わって友人の肩を掴み、「(友人)、どないしたんや。落ち着け。」と声をかけました。しかし友人は私の声など聞こえていないようで、叫び声を上げるだけでした。以前友人の姉が狐にとり憑かれた。という話を聞いた事がありますが、それも友人が心霊現象が苦手な要因になっている事もあるのだろうと、「大丈夫や こんなもん気の持ち様や。しっかりしろ。」と耳元で声をかけました。しかし友人は叫び声を上げるだけでした。口の端が泡だってきているほどでした。たまりかねた私は「黙れ 落ち着け!!」と大声を上げて怒鳴り、髪の毛を掴んで顎をしゃくりあげました。すると友人は叫ぶのをやめたかと思うと「ふぅぅ ううっ!!」と甲高い声を上げたかと思うと、私の腕に顔をうずめるようにしがみついて来ました。私は友人に「どうした もう大丈夫なんか。」と聞くと、友人は顔を埋めたまま首を横に振りました。「とりあえず水飲もう。」と友人から離れようとすると、叫び声をあげ私の名前を二度叫び、「離れんといてくれえ!!」と泣き声で言いました。しかたなく私は、その状態で30分くらいの間じっとしていました。

 

 

 

先輩Aの彼女に代わりに様子を見てもらい、先輩A、Bの二人と大家さんと部屋の外へ行き、大家さんにひとしきりお詫びして、3人で話し合いました。(大家さんは近所の苦情があったのと、隣に住んでいたため来たようです。)私「やっぱり○○行ったせいかな。」と先輩Bにも足を掴まれた件を話し、部屋にいたジャージの男や戸棚の顔についても2人に話しました。すると先輩Bが「お前が怒らせたからちゃうんか。」等と言う事を言い出しました。「怒らせたって 泊まったから?」「なんかしたんちゃうんか。」「寝ただけやがな。」「それで怒ってんのちゃうんか。」私は「幽霊を?」と少し笑いながら尋ねると、先輩は急に「もういやや」と頭を抱えタバコを吸いだしました。私は少し呆れながら先輩Aに「どうする?」と尋ねました。A「お祓いしてもらうしかないんちゃうんか。」「あんなもんアテになるんかいな。」A「だってそれしかないやろうが。」「怒ってんねやったら謝ったらええんちゃうん。」A「誰によ。」「○○(心霊スポット)行って 幽霊に。」A「おい また行くんか!?」「だって家かえってジャージとかがまた出てくるかどうか分からんし。」A「絶対嫌や 行くんだったら一人で行けや。」「別に来いゆうてへんがな。」というやり取りをして、「また(友人)が叫びだしたら電話して。」と先輩Aに頼み、私は自分の家に車を取りに戻り、廃墟へ向かいました。

 

 

 

廃墟へ向かう山道は中々際どいカーブなどがあって一層危険に感じました。一度道を間違えましたが、なんとか昨日の廃墟に着いた私は、そこでライト等を何も持ってきていないことに気付きました。とりあえず、外側から廃墟に向かって「すいませんでしたー。」と少し大きめな声で一声かけました。が、何も反応はありませんでした。「なんか反応してよ・・。」と独り言をつぶやいた反面「俺なにやってんねやろ。」と少し気恥ずかしい感じでもありました。私は携帯電話の明かりをあてながら廃墟を歩き回り、「一晩泊まったからって そんな怒らいでもええやんかー。」「帰れーゆうてくれたら歩いてでも帰ったのにー。」と誰もいないのに独りで言い聞かせるように話しました。正直、ほとんど明かりもないのに行くのは嫌だったのですが、「やっぱり地下なんかなあ・・。」と思った私は、地下に向かうことにしました。地下に向かうと、前には感じなかった人の気配を一気に感じました。「おおっ。これは・・おるなあ。」と気丈に振舞うためかわざと口に出し、「いきなり後ろに立ってるとかはやめてね。」と言い 地下の真ん中あたりまで歩きました。ほとんどなにも見えず真っ暗でしたが、そこで立ち止まり、「もう来えへんから。 ごめんね。」と誰かに言うように言い、少し待ちました。

 

 

 

しかし何も起きず、更に10分くらい待っていると気配もなんとなく、なくなった感じがしました。なので最後に「出てくるんはええけど、俺のとこだけにしてね。」と言い、地下を出ました。車に戻り、すこしだけ廃墟の外観を眺めた後、山を降りるため車を走らせました。運転しているのに足を掴まれては適わないので、できるだけスピードを落として走行していました。すると今度は、後部座席から肩を掴まれました。最初は掴むだけで、どんどん爪を立ててくるような感じでした。私は「いったぁ・・・・。」と言いながらも事故を起こさないようできるだけ安全に気にしないよう車を走らせました。どんどん爪を食い込ませる力が強まり、痛みはどんどん大きくなっていきました。そしていつまでも爪を立ててくるその手に腹が立ち、広めの道路の脇に車を止め、「ちゃんと謝ったやんけ 調子のんなハゲェ!!」と怒鳴り後ろを振り向きました。暗いながらも もの凄く剣幕な顔をした女性が私の肩に手を伸ばしているのが見えました。心の中では「うわぁ・・こっわぁ~~・・・。」と思いながらもその女性を真っ直ぐ見つめ「なんやねん。」と機嫌が悪そうに言うと、爪を立てる力がかなり緩くなり、やがて触れられている感触もなくなりました。とりあえず私は「いや、ホントすみませんでした。もうあそこ行かないですから。」と言い、「じゃあ僕前向くんで、その間にどっか行ってね。お願い。」といい、前を向いて、車を走らせました。曲がり道が減ってかなり安全になってから後ろを振り返ると、その女性はいなくなっていて、ホッとしました。

 

 

 

私は横になり叫ぶ友人を見下ろしながら、「もうええってお前。 落ち着け。」と声をかけても、一向に叫びやまないので、「お前ホンマ 静かにせえへんと本気で殴るでー。 はい 5 4 3」とカウントすると、友人は静かになりました。「何やお前それ くだらん演技すなよ。」と呆れたように言う私に友人は「演技じゃない 急に意識が戻った」と訴えかけてきましたが私にはどちらでもよく、その後友人がとり憑かれたかのように叫びだす事はなくなりました。お話は以上です。今でもたまにおかしなものが見えたりしますが、私は元気です。

 

                                                                                                                                                                                                                                               

                                                                                               

 

最新情報をチェックしよう!

中編の最新記事8件

You cannot copy content of this page