葬式の話

ほとんどが母親からの伝聞なので、実体験ではないのだが。式自体は滞りなく進み、無事に終わった。通夜が終わると集まっていた親戚たちも帰り、爺様の子供たち(俺の母親と叔父二人)が酔った頭で香典の勘定をしていた。すると、洗い物をしていた叔父の奥さんがやってきて「あなた、拝ませてほしいという人が来てるんだけど…」という。結構に酔っていた母親たちもさすがに不審に思い(これは拝むふりをして香典を泥棒しに来たのかもしれない)と考えた。しかし叔父たちも動転していたのであろう、「せっかく来てくださったのに、失礼だ」と思ってしまい、また香典をしまっておき、いざのときは男二人何とかなるだろうとも楽観的に考えた結果、その男を上げる事になってしまった。母親に聞くと、男の風貌ははっきりしないという。とにかく男であることは確かなのだが、中年であったような気も、また老人であったような気もする。また服装も行き、帰りで違ったものを着ていたような気がするという。印象深かったのが、「男の体からは、魚の生臭いにおいがしていた」ということだそうだ。また男の人相は覚えていないが、終始ニコニコと笑っていたという。しかし母親は「笑っていたのに、なんだか感じが悪くて不気味だった」と言っていた。

 

 

 

「失礼なやつ」とも思ったが、まあせっかく来てくれたのだからとも思い言う通りにすることにした。次に男は、「私と仏様を二人きりにしてください」という。これまた失礼な頼みだが、香典もしまい金目の物や火の気も無いので男の思い通りにさせてやったそうだ。ふすまを締め切って隣の座敷から様子を伺うが、読経などする気配も無い。これはいよいよ怪しいと感じ、仏様を傷つけられたら大変とそっと覗き見たそうだ。異様な光景が広がっていた。男は仏様の顔の鼻先に自分の顔を近づけ、ニコニコと笑顔を浮かべながら何かをつぶやいている。母親に聞くと、その男はどう見てもそのまま爺様に触れようとしているようにしか見えなかったという。しかし決して仏様には触れようとしなかったそうだ。しばらく見ていると、男の呟きがはっきりと大きくなったのが判った。

 

 

 

男はそう、はっきりと繰り返していたと言う。総毛立つ様な思いがしたそうだ。また顔は相変わらずにたにたと笑っているが、なぜか激怒しているように見えた、という。叔父たちは急に恐ろしくなり、ふすまをそっと閉め隣の間で一心にお経を唱えたそうだ。するといきなりバシッ、とふすまが開き、男が「ありがとうございました。今日はもう帰らせていただきます」と言うと、こちらの返事も聞かずにそそくさと帰っていった。ほっとしたのも束の間、「仏様に何かされたのではないか」と棺桶を確認すると棺桶の外側には、無数の爪痕が残されていたそうだ。そして、周りには大量の獣の毛が散乱していた。しかし仏様には爪痕はおろか、獣の毛も一本たりとも入った様子は無い。ほっとすると同時に全身に鳥肌が立ち、慌てて掃除したそうだ。

 

 

 

「獣臭いのう。念のために仏様の部屋で香を焚いておいて良かったわい」と言われ、昨日の出来事は現実だったんだと思いまたゾッとしたという。俺はそんなことをするのは狐だろうと思い母親に話すと「あほ、いいよすな。狐様はそんな悪さはせんよ。うちじゃ祀っとらんが、いなりさんの悪口はいうてはいかん」と諭された。じゃあなんなんだ、という問になると急に黙り込み、その日は口をきいてくれなかった。その男がなんだったのかは未だに判らないが、俺の話はこれだけだ。

 

 

 

 

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!

中編の最新記事8件

You cannot copy content of this page