コトリバコ

俺自身霊感とかまったくなくて、ここに書き込むようなことは

 

ないだろうなぁって思ってたんですが、先月あったホットなお話を書き込もうかと思いここに来た次第。

 

一応話の主役の許可は取って書き込んでます。

 

長文かも。(文才もなく長文カキコもほとんどしたこと無いので読みにくいかも)

 

この話は、霊感の強い友達の話。

 

その友達は中学生の時からの付き合いで、30手前になった今でも

 

けっこう頻繁に遊んだり、飲みに行くような間柄。

 

そいつん家は俺らの住んでるところでもけっこう大きめの神社の神主さんの仕事を代々やってて、普段は普通の仕事してるんだけど、正月とか

 

神事がある時とか、ケコーン式とかあると、あの神主スタイルで拝むっていうのかな?

 

そういった副業(本業かも)をやってるようなお家。

 

普段は神社の近くにある住居にすんでます。

 

で、その日も飲みに行こうかってことで、とりあえず俺の家に

 

集合することになったんです。

 

先にそいつと、そいつの彼女が到着して、ゲームしながらもう一人の女の子を待ってたんです。

 

その神社の子をM、遅れてくる子をS、俺のことをAとしますね。Mの彼女はKで。

 

その瞬間、というかSちゃんの車が俺ん家の敷地に入った瞬間かな.

 

Mが「やべぇ。これやべぇ。やべ・・・・ どうしよ・・ 父ちゃん今日留守だよ」って言ったんです。

 

俺「ん?Mどうしたが?また出たんか?」

 

K「大丈夫!?またなん?」

 

M「出たってレベルのもんじゃねぇ.も・・・ はは・・Aやべぇよこれ、Sちゃん・・まじかよ」

 

Mは普段は霊感あるとかオバケみるとか神社の仕事とか、あまり話題には出さないんですが、

 

たまにこうやって怯えてるんですよ。

 

俺もSもKも、そのことは知ってるんですがMが突っ込んだ話されるのを嫌がるので普段はあまり話題にしません。

 

Sちゃんが俺の部屋まで上がってきました。

 

Mは顔面蒼白ってかんじで、「Sちゃんよ・・・・ 何持ってきたん?出してみ・・・」

 

S「え?え?もしかして私やばいの持ってきちゃった・・・のか・・な?」

 

M「うん・・」

 

S「これ・・・来週家の納屋を解体するんで掃除してたら出てきたん」

 

そういってSちゃんは木箱を出したんです。

 

20㌢四方ほどの木箱でした。

 

電話でパズルって言ってたのはこのことだろう、

 

小さなテトリスのブロックみたいな木が組み合わさって箱になってたと思う。M「それ以上触んなや!触んなや!!」

 

その瞬間、Mはトイレに猛ダッシュ

 

「おぅえぇええ。ぅぇえぇうぇええええ」

 

嘔吐の声が聞えてきました。

 

Kがトイレに行ってMの背中をさすってやってるようでした。(良い彼女だ・・w)

 

一通り吐き終えたMが戻ってきました。

 

Mが携帯を取り出し電話をかけました。

 

M「とうちゃん・・・・コトリバコ・・・ コトリバコ友達が持ってきた」

 

M「俺怖い。じいちゃと違って俺じゃ、じいちゃみたくできんわ・・」

 

M泣いてました。

 

とうちゃんに電話かけて泣いてる29歳・・・

 

それほど恐ろしいことなんでしょう。俺も泣きそうでした。

 

M「うん付いちょらん、箱だけしか見えん。」

 

M「跡はあるけどのこっちょらんかもしらん」

 

M「うん、少しはいっちょる、友達のお腹のとこ」

 

M「シッポウの形だと思う・・・シッポウだろ?中に三角ある。シッポウ」

 

M「間違いないと思う、だって分からんが!俺は違うけん!」

 

(なにやら専門用語色々でてたけど、繰り返していってたのはコトリバコ、シッポウ)

 

-もっと色々言ってたけど忘れました、ごめん-

 

M「分かったやる。やる。ミスったら祓ってや、とおちゃん頼むけんね」

 

Mここで電話を切りました。

 

最後にMは2分ほど思いっきり大泣きして、しゃくりあげながら「よし」と正座になり、自分の膝のあたりをパシっと叩きました。

 

もう泣いてませんでした。なにか決意したようで。

 

おおお!」

 

Mは自分の怯えを吹き飛ばすかのように咆哮をあげていました。

 

Sちゃん半泣きです・・・怯えきってました。

 

俺もKも泣きそうです。ほんとにちびりそうだった・・・

 

S「分かった、分かった、がんばっでみる」

 

俺もSもKもなにやら分からないけど、分かった分かったって言ってました。

 

M「A包丁かカッター持ってきてごせや」

 

俺「お、おぅ・・」包丁をMに手渡しました。

 

M「A俺の内腿、思いっきしツネってごせや!おもいっきし!」

 

もう、わけ分からないけど、Mの言うとおりにやるしかありません。

 

M「がぁあああああがあぐいうううあああ・・・・・”!!!」

 

Mの内腿をツネり上げる俺。

 

俺に腿をつねり上げられながら、Mは自分の指先と手のひらを包丁で切りつけました。

 

たぶん、その痛みを消すためにツネらせたのかな?

 

M「Sちゃん口開けぇ!」

 

MはSちゃんの口の中に、自分の血だらけの指を突っ込みました。

 

M「Sちゃん飲みぃ、まずくても飲みぃ」

 

S「あぐ;kl:;っぉあr」

 

Sちゃん大泣きです。言葉出てなかったです。

 

M「◎△*の天井、ノリオ? シンメイイワト アケマシタ、カシコミカシコミモマモウス」

 

なにやら祝詞か呪文か分かりませんが、5回~6回ほど繰り返しました。

 

呪文というより浪曲みたいな感じでした。

 

M「あれはとおちゃんが帰ってきてから安置しといた.

 

まぁあんまり知らんほうがええよ。」

 

なにやら言いたくない様子でした。

 

それ以上は、いくら聞こうとしても教えてくれない_| ̄|○

 

ただ最後に

 

M「あの中に入っちょるのはな、怨念そのものってやつなんよ」

 

M「まぁ入ってる物は、けっこうな数の人差し指の先とへその緒だけどな・・・

 

差別は絶対いけんってことだ、人の恨みってのはこわいで、あんなもの作りよるからなぁ..

 

アレが出てきたらな、俺のじいちゃんが処理してたんだ.

 

じいちゃんの代であらかた片付けた思ってたんだけど、まさか俺がやることになるなんてなぁ.

 

俺はふらふらしてて、あんまり家のことやっちょらんけぇ、まじビビリだったよw.

 

ちょっと俺も勉強するわ まぁ才能ないらしいがw.

 

それとな、部落云々とか話したけど、差別とかお前すんなや・・Sちゃんとも今までどおりな.

 

そんな時代じゃないしな~ あほくせぇろ」

 

俺「あたりめぇじゃんw.

 

それよりさ、この楽しい話誰かに話してもええの?」

 

M「お前好きだなぁ 幽霊すら見えんくせにw」

 

俺「見えんからこそ好きなんよ」

 

M「ええよ別に、話したからって取り付くわけじゃないし.

 

どうせ誰も信じねぇよ、うそつき呼ばわりされるだけだぞ、俺はとぼけるしw」

 

俺の住んでるとことはど田舎で、地域限定されて見物客?とか来られたら

 

さすがに俺も怖いので、あまり地域は追求しないでください。

 

部落差別は少なくなったといいますが、俺は見えにくくなっただけだと思っています。

 

そういった一部の人たちが新たな差別を生む可能性も怖いので。

 

(ばればれですかねw)

 

(俺のおしゃべり癖を多少後悔・・・・

 

やばいかなって思ったので

 

さっきMとSに電話してこの経緯を伝えました。

 

Mいわく「別にここがどこか分かったって詳細なんかわかりゃしないよ、安心しろビビリ」

 

とのことです。

 

電話ついでにというか、昨日Mに聞きそびれた事を質問してみました。

 

1.あの場にいたS以外の人間、つまり俺とKは大丈夫なのか

 

2.また、俺の家に来る前に、件の小箱で遊んでたという家族は大丈夫なのか

 

3.頼むよ!まじアレなんだったの!?気になって毎夜6時間しか寝られないよ!

 

以上3点です。

 

以下Mの回答。

 

1.2.の回答

 

アレは子供と子供を生める女にしか影響なし。

 

Sの父と弟は問題外、母は・・・閉経してるんじゃないか?

 

Sのばあちゃんもな。もちろんA(俺)も大丈夫。

 

Kについては危ないかなと思ったけど、触れた時間が短かったため問題なしだろう。

 

いざとなったらとおちゃんがいるし大丈夫。

 

(あの日は旅行でMの母と外出してたそうです)

 

とのこと。

 

3.実はM自身も詳細は知らないらしい。ただコトリバコは「子取り箱」だそうです。

 

*本当かどうかは不明です、俺を何とか反らそうとウソついたのかもしれないですが・・・

 

昨日の会話の口ぶりからして、知らないはずが無いと思ってます。

 

ただ、そこまでして隠すほどのことだってことでしょうか。なおさら怖いけど気になります。

 

昨日の経緯を書きます。

 

嫌になるくらい長文です。

 

載せようかどうかかなり迷ったんですが、4人で相談し

 

それぞれ思うところもあり、掲載することにしました。

 

俺自身かなり衝撃的なことを偶然聞かされたので

 

混乱してます。

 

また、5時間近く話しをしてたので会話の細部は記憶を頼りにかなり補完

 

して、会話らしくしているということも了承してください。

 

あと、主要な発言しか書いてません。伏せてる部分も多々あります。

 

(一応MとSに見てもらい、修正いくつかしてからアップしてます)

 

文章ぐだぐだかもしれませんがご勘弁を。

 

*文中、「部落」とか「集落」という言い方してますが実際の話の中ではそう読んでいません。

 

あくまで便宜上の言い方です。一応ひどい言葉らしいので伏字みたいなものと思ってくださいね。

 

6日夜の時点では当事者4人、俺の家でSの話を聞くという予定だったのですがSがSの家族、そして納屋の解体の時に一騒動あったという隣家のおじいさんも交えて話がしたいとのことで、Sの家に行くことになりました。

 

MSKA(俺) それと、Sの父は「S父」、母を「S母」、Sの祖母を「S婆」

 

Sのおじいさんを「S爺」隣のおじいさんをJとしましょうか。

 

タイプたいぎいので。(S弟は仕事のため不在)

 

◎まず、Sが事件の後、納屋の解体業者が来た時の話を。

 

俺の家での出来事の2日後になります。

 

5月23日、頼んでいた業者がきて解体用の機械を敷地に入れ作業に入ろうかというときS父に隣家のJが話しかけてきたそうです。

 

S父がおじいさんに納屋を解体することを伝えるとJは抗議してきたそうです。

 

S父ともめてたそうで、その声を聞いたSが「もしかしたらあの箱のことを知っているのかも」と思い、Jに聞いてみようと外にでたそうです。

 

この時点でSは家族にあの日のことは話してなかったそうです。

 

「納屋を壊すな!」というJに対し

 

「反対する理由はあの箱のことかなのか」

 

「あの箱はいったい何なのか」

 

という様なことを聞くと、Jは非常に、非常に驚いた顔をし、

 

「箱を見つけたのか」「あの箱はどうした?」「お前は大丈夫か?」

 

とあわてた様子で聞いてきたそうで、Sが事件の経緯を話すと..

 

Jは自分の責任だ、自分の責任だと謝ったそうです。

 

そして、「聞いておかんかったからこんなことになった」

 

「話しておかんかったからこんなことになった」

 

「近いうちにお宅の家族に話さないけんことがある」と言い、帰って行ったそうです。

 

そしてSはポカンとしてるS父に事件のことを話したそうです。

 

そしてJの話を聞いてから、俺らに話そうと思ってたのですが、

 

Jが話しに来る素振りを見せずイライラしてたところに、昨夜俺から電話があったと言うわけです。

 

そして、昨日俺の電話を受け、Mも来るなら今日しかないと思いその「話さないといけないこと」を今日話して欲しいということでJを父と一緒に説得して来ていただいたそうです。

 

◎次に、Mの話

 

S父がJにお話いただけますか?と言うと

 

俺とKが居ることで話していいものか悩んでいると(部外者ですもんね)、

 

と、このあたりで

 

M「先に話させてもらっていいですか?

 

そういってMが話し始めました。

 

M「Jさん・・・・  本来、あの箱は今あなたの家にあるはずでは?

 

今の時代、呪いと言っても大概はホラ話と思われるかもしれないがこの箱については別。

 

俺は祖父、父から何度も聞かされてたし..

 

実際、祖父と父があれを処理するのを何度か見てきた。

 

箱の話をするときの二人は真剣そのものだった。

 

管理簿もちゃんとある。

 

それに事故とはいえ箱でここの人が死んだこともありましたよね。

 

今回俺が箱に関わったってことと、父が少し不審に思うことがあるということで改めて昨夜、父と管理簿を見たんです。

 

そうしたら、今のシッポウの場所はJさんの家になってた。

 

そうなると話がおかしい..

 

父は「やっぱり」と言ってました。

 

俺の家の方からは接触しないという約束ですが

 

今回ばかりは話が別だろうと思って来ました。

 

俺の父が行くといったのですが、今回祓ったのは俺なので俺が今日来ました。」

 

Jさん、そしてその他一同は黙って聞いてました。MとJにしか分からない内容なので。

 

M「それでですね。Jさん。あなたの家に箱があったのなら、Sのお父さんが箱のことを知らないのは仕方がないし、なんとか納得はできます。

 

Sのおじいさんは◎△(以下T家としますね)さんから引き継いで、すぐに亡くなられてますよね。

 

(Sのおじいさんは俺らが知り合った時、つまり厨房の時にはすでにお亡くなりだそうです)

 

M「管理簿では、T家⇒Sの家⇒J家の移動が1年以内になってました。

 

Sのおじいさんがお父さんに伝える時間が無かったのだろうと理解はできるんです。

 

それに約束の年数からいって、Sのお父さんに役回りが来ることはもう考えにくい。

 

あなたかT家で最後になる可能性が高いですし。

 

でも、今回箱が出てきたのはSの家だった。これはおかしいですよね。

 

俺、家のことはあまりやってなかったので、管理簿をまじまじと見たことなんて なかったんですが、昨夜父と管理簿をみて正直驚きましたよ。

 

Sの話をさっき聞くまでは、もしかしたら何か手違いがあって、あなたも箱のことを

 

知らなかったのかもしれないと考えてたのですが、あなたは知っていますよね?

 

知っていたのに引き継いでいない。そしてSの家にあるのを知ってて黙っていた..

 

俺、今回のこと、無事に祓えたんであとは詮索されてもとぼければ済むかなって思ってたんですよ。何かの手違いでSの家の人みんなが知らなかっただけで..

 

結果オーライというか・・・

 

正直焦りまくったし、ビビリまくったけど・・・

 

今日だって、昨日父と管理簿見てなかったらここには来てなかったと思います。

 

本来の約束なら、俺の家からこっちに来ることは禁止ですからね。

 

だから今日俺が来たってことは伏せておいて欲しい。

 

でも、そういうわけには行かなくなったみたいです。

 

俺は怒ってますよ。俺の父もね。ただ、顔も知らない先祖の約束を守り続けないといけないって言うのは、相当酷な話だというのも分かります。

 

逃げ出したいって気持ちも。俺だってそうでしたから。

 

俺だってあの日、箱を見ただけで逃げ出したかった。わずかな時間のことだったのに、本気で逃げようかと思った。

 

アレを下手すれば十数年、下手すれば何十年保管するなんてどれだけ怖いのか

 

でも、もしこういったことがここ全体で起きてるのだとしたら残りの箱の処理に関しても問題が起きます。

 

Sはたまたま、本当にたまたま箱に近づかなかったっていうだけで..

 

たまたま、本当に偶然あの日俺と会うことになってたってだけで・・・

 

もしかしたらSは死んでたかもしれない。そして、もしかしたら他の箱で被害がでているかもしれない。だから、なぜこういうことになってたのか話していただけませんか?

 

それとこいつ(Kのこと)はその場に居た「女」です。もちろん子供を生める体です。

 

部外者ではないです。被害者です。

 

それとこいつは(俺のことです)、部外者かもしれませんが、そうでもないかもしれません。

 

こいつの名前は◎○です。ここらじゃそうそうある苗字じゃないですよね?◎○です。

 

(俺はなんのことやら分からなかったです。ただJさんが俺の方をみて

 

「あぁ・・そうかぁ・・・」って)

 

◎Jさんの話しに行きますね

 

(一部S父母の通訳付きです)

 

J「まず、箱のことを説明したほうがいいですかな。

 

チッポウ(シッポウかと思ってましたがチッポウらしい)はSの家、J家、そして斜め向いにあったT家の3家で管理してきたものです。

 

3家に割り当てられて箱です。

 

そしてあの箱は3家持ち回りで保管し、家主の死後、次の役回りの家の家主が葬儀後、前任者の跡取りから受け取り、受取った家主がまた死ぬまで保管し、また次へ、次へと繰り返す。

 

受取った家主は、跡取りに箱のことを伝える。跡取りが居ない場合は、跡取りが出来た後伝える。

 

どうしても跡取りに恵まれなかった場合..

 

次の持ち回りの家に渡す。他の班でも同じです。

 

3家だったり4世帯だったりしますが。

 

そして他の班が持っている箱については、お互い話題にしないこと。

 

回す理由は、箱の中身を薄めるためです。

 

箱を受取った家主は、決して箱に女子供を近づけてはいけない。そして、箱を管理していない家は、管理している家を監視する。また、Mの家から札をもらい、箱に張ってある古い札と貼り替える。約束の年数を保管し、箱の中身が薄まった後Mの家に届け処理してもらう。

 

M神社(仮にそう呼びますね)と昔にそういう約束をしたらしい

 

M「それで、俺の家は昔の約束どおり持ち込まれた箱を処理・・・・ 供養してたんだ..

 

ここにある全ての箱と、箱の現在の保管者の管理簿つけて。

 

J「そうです。本来なら、私がS爺が亡くなったときに箱を引き継ぐはずでした。でも、本当に怖かったんです、申し訳ない許して欲しい。

 

Tの父親が死に(Sの家の前任者です)、引き継いだS爺も立て続けに死に、男には影響ないと分かっていても怖かった。

 

そんな状態で、いつS父が箱を持ってくるのか怯えてたんです。でも、葬儀後、日が経ってもS父がこない。

 

それでT(S家の前任者の跡取り)と相談したんです。

 

もしかしたらS父は何も知らないのかもしらない、箱から逃げられるかもしれないと。

 

そしてまず、S父に箱のことをそれとなく聞き、何も知らされていないことを確認しました。

 

そして納屋の監視は続け、S家に箱を置いたままにしておくこと..

 

Tは札の貼り替えをした後、しばらくして引っ越すこと(松江に行ったらしいです)

 

そうすれば、他班からは「あそこは終わったんだな」と思ってもらえるかもしれないから。

 

引き継ぐはずだった私が、S家の監視を続けること。そして、約束の年が来たらJが納屋から持ち出しM神社に届けること。

 

そして・・・・ 本当に、本当に申し訳ないそれまでに箱にSやSの母が近づいて、死んでしまったとしても..

 

箱のことはSの家は知らない、他班の箱のことは触れることは禁止だから..

 

ばれることは無いだろうと、Tと相談したんです。本当に申し訳ない..

 

だから、他班の箱のことは分からない。こんなことは無いと思う、申し訳ない..」

 

Jさんは土下座して何度も謝ってました。

 

S父さんは、死んだS爺さんに納屋には近づくなとは言われていたそうです。また、実際気味の悪い納谷で、あえて近づこうとは思ってなかったようです。Sも同様に。

 

それで、今回どうせなら取り壊そうという話になり、中の整理をしていて

 

そのときにSが箱を見つけてしまったという経緯でした。

 

S父さん、S母さん、S婆さん、信じられないという感じでしたが、ただS婆さんだけがなにやら納得したような感じで、

 

S婆「納屋はだから近づかせてもらえなかったのか」という風なことをおっしゃってました

最新情報をチェックしよう!

殿堂入りの最新記事8件

You cannot copy content of this page