メリーさん。

『私メリーさん。今駅にいるの。これからあなたの家に行くわ』

 

 

深夜いきなり携帯が鳴り、それから聞こえる声が微睡みかけた僕の意識を現実に引き戻した。

 

 

「なんだ…?いたずらか?」

 

僕は電話を切り、再び訪れる眠気に身を委ねようとしたが、再度携帯の着信により邪魔されてしまった。

 

 

『私メリーさん。今郵便局にいるの』

 

 

郵便局は駅から僕の家までのちょうど中間くらいにあった。

 

そんな電話にも不思議と怖さはなく、むしろ眠気を邪魔された不快感の方が強かった。

 

「何だよ…邪魔するなよ…」

 

そんな僕の気持ちを無視するように、またしても携帯が着信を知らせる。

 

 

『私メリーさん。今小学校にいるの』

 

 

確実にメリーさんは家に近付いて来ているが、今の僕にはどうでも良い事にしか思えない。

 

 

『私メリーさん。今コンビニにいるの。もうすぐだから待ってて』

 

 

コンビニと言えば、家から目と鼻の先にいる事になるが、そんな状況となっても今は恐怖より眠気の方が遥かに勝っていた。

 

 

そしてまた携帯が鳴る。

 

 

 

ほとんど眠りに落ちかけている僕は、鳴り続ける携帯をわずかに苛立ちながら通話ボタンを押した。

 

 

『私メリーさん!今あなたの家の前にいるの!お願いだから眠らないで!あと一回必ず電話に出て!!』

 

 

携帯から聞こえるメリーさんの声に今までとは明らかに違う雰囲気を感じたが、何故そんなに切羽詰まっているのかを考える事すら、今の僕にはもう出来なかった。

 

 

 

 

睡魔に身を委ね、夢と現実の境界が曖昧になる。

 

 

 

 

 

どこかで携帯が鳴っている。

 

実際は僕の手の中に携帯はあるのだが、着信音は僕の耳に微かにしか届いてなく、まるで遠くで鳴っているかのようだった。

 

いつまでも鳴り止まない携帯に、僕はいつもの習慣からか通話ボタンを押し、無意識に携帯を耳に押し当てていた。

 

 

『私メリーさん!あぁ間に合った!今あなたの後ろにいるの』

 

 

携帯から聞こえる言葉に対して、もう僕には後ろを振り向く力すら残っていなかった。

 

深い眠りに落ちて行く僕の耳元で、誰かが囁いた気がした。

 

 

「私メリーさん。絶対にあなたを逝かせはしない」

 

 

暖かく、どこか懐かしさを感じる何かに包まれた気がした。

 

 

 

 

 

 

そして僕の意識は完全に途切れた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夢を見ていた。

 

 

 

 

夢の中の僕はまだ幼く、一人で留守番をしていた。

 

 

すると家の電話が鳴り、知らない女の子の声が受話器から聞こえる。

 

 

「私メリーさん。今あなたの後ろにいるの」

 

 

振り向くと、そこには見た事もない少女が悲しそうな表情を浮かべ立っていた。

 

僕はそのあまりにも悲しそうな顔の少女に、何て声をかけて良いのかわからず、考えて考えてやっと僕の口から出た言葉は「一緒に遊ぼう」だった。

 

少女は一瞬ビックリしたような、戸惑ったような複雑な表情をし、それから微かに微笑んで答える。

 

「遊んで…くれるの…?」

 

少女の見せた笑顔に嬉しくなった僕は、思わず少女の手を取り言った。

 

「もちろん!」

 

繋いだ手からは、少女の暖かさが感じられた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目が覚めた時、僕は病院のベッドに寝かされていた。

 

 

 

側にいた両親は目を覚ました僕に気付くと、泣きながら僕を強く抱き締め、その後で思いっきり僕の頬を打った。

 

頬に伝わる痛みが、僕の記憶を呼び覚ます。

 

 

 

 

 

あの日、さまざまな事から生きて行くのが嫌になった僕は、ネットで手に入れた大量の睡眠薬を飲んで死のうとしたんだ。

 

そして意識が朦朧とし始めた時、メリーさんと名乗る女から電話がかかってきたんだ…。

 

 

 

メリーさん?

 

 

 

その名前を思い出した時、今まで忘却の彼方に埋もれていたものが鮮明に蘇る。

 

 

 

 

ずっと昔、メリーさんから電話がかかってきた事があったんだ。

 

それどころか僕はメリーさんに会っている。

 

 

その瞬間、僕は全て思い出した。

 

その時見たメリーさんの笑顔、手を繋いだ時のぬくもり。

 

そしてそれが意識を失う直前に感じた暖かさと同じだった事を。

 

 

 

 

 

 

 

 

知らない間に僕は泣いていた。

 

悲しいわけでもないのに、涙が止まらなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それから何日か経ち病院を退院する日を迎え、辛い現実は何一つ変わっていなかったが、我が家に帰って来て初めての夜にかかってきた一本の電話によって、僕は辛い現実に負けずに立ち向かう勇気を持つ事ができたのだった。

 

そして自殺未遂をした日から今日まで、再び死のうと思うような事は二度となくなった。

 

 

 

 

 

 

最後に一つ。

 

 

 

今後メリーさんは、もう二度と誰かの元に現れる事はないと思う。

 

その答えは、あの夜かかってきた電話が物語っているから。

 

 

 

 

 

 

 

 

『私メリーさん。あなたの側でずっと見守ってるわ』

最新情報をチェックしよう!

殿堂入りの最新記事8件

You cannot copy content of this page