「逆」夢

                                                                               

悪夢を見た。

ただひたすら、手で首を絞められてる夢。

相手の顔は靄がかかったかのように見えない。

振り解こうと必死にそいつの手首を掴むも、一顧だにされず

意識が少しずつ薄くなるのみ。

目が覚めたのは夢の中で意識が途切れたと同時だった。

思わず首に手をやる。嫌な汗が体を包んでいる。

これで首に手形の痣でも残っていれば怪談話だ。

そう思いながら洗面所で服を脱ぎ鏡に目をやった刹那 凍り付いた。

残っていた。紫色の 手形の痣が くっきりと

首では無く、手首に。       

 

                                                                                                                                                                                                                                               

                                                                                               

 

最新情報をチェックしよう!

短編の最新記事8件

You cannot copy content of this page