だって……

 

 

私の友人の一人は おばさんのくせに?( おばさんだからか? ) ホスト通いをしています。

お金持ちにしか出来ない事をしていますが…。

ある日 お気に入りの ホスト君が 元気が無くて 最近 あんまり眠れないんだって…。と 私の所に来て ぼやいてました。

それから 2、3日が経った頃 何処其処の飲み屋のホステスが ホスト君を独り占めにしてる~と泣き付いて来ました。

まぁそれが仕事だから 仕方ないんじゃないか?と 言うと更に号泣され ウンザリした私は もう少ししたら そのホステスさん 離れるよ。というと 本当に~⁉と喜んで帰りました。

そして……
友人はまた ホスト君に貯金してましたが 友人がある日 幽霊の様に ス~~~ッとやって来て 言いました。

友人 「あんた 何か知ってるんでしょ?」

私 「?何を?」

友人 「○○君の事…。」

私 「あ~ 何かあった?」

友人 「…………声がするの。」

私 「店だからでしょ?」

友人 「違う !! 隣に座った時に限って…。」

私 「声ってどんな?」

友人 「分かんない。ア~とかウ~とかしか 聴こえないから…。」

私 「ふ~ん。」

友人 「ふ~んって‼ あんた 友達が悩んでるのに⁉真面目に聞いてよ ⁉ 」

私 「聞いてるよ?真面目~に。」

友人 「何かあるのかな?」

私 「まぁホストだし…。」

友人 「生霊が憑いてるとか ?! 」

私 「はぁあ?憑いてません。」

友人 「じゃ何~⁉」

私 「言っていいの?」

友人 「………うん…。」

私 「だって……あのホスト君。沢山の女性と沢山の水子 背負ってるもん。呻き声とかじゃなく 赤ちゃんが泣いてる声でしょ?聞こえたの?」

それから 友人のホスト通いは無くなりました。

 

最新情報をチェックしよう!

短編の最新記事8件

You cannot copy content of this page