テレビの上に浮かぶ顔

 

 

私の投稿させて頂いたお話の中の「見えないお友達」から2年後、娘のRが7歳になった時に妹のKが生まれました。
7歳になったRは5歳の時より霊感が強くなって居ました。

今回は短くて、怖い話でも無いですね。

ある日学校から帰って来たRが

R「ママ?最近Mちゃん来てないね」
私「そうやね。お仕事で疲れてるんかな?」
R「でも、遊びに来たいって思ってるよ」
私「うん?何でそんな事解るん?」
R「だって、テレビの上にMちゃんの顔があるもん!」
私「はぁ???」
R「テレビの上にMちゃんの顔が出て来るとね、何日かすると絶対Mちゃん来るから」
私「……。そうなん…」

Rの訳の解らない話から二日後にMが遊びに来ました。
私は二日前にRが言って居た話をMにすると

M「マジか!笑 確かに、遊びに行きたいな。とは思ってたわ笑 私、飛ばしてるんかな?」
私「飛ばしてる?何を?」
M「生き霊笑笑」
私「………。」
M「生き霊飛ばしてるかどうかなんて、自分では解らないもんだからね」
私「飛ばすの止めて貰えます?」
M「だからぁー、飛ばしてるかどうかなんて、自分では解らないもんだからね。って言ってんだろ?笑笑」

(何、ヘラヘラ笑ってるんや。ホンマに意味解らん)

私の周りは霊感の強い人間だらけ。

親友のMに、旦那のI、娘のR。

この三人のお陰で私は、この先も色々な体験をして行きます。

次回は、私のアパートにMが泊まりに来た時に起こったお話をさせて頂きたいと思います。

 

最新情報をチェックしよう!

短編の最新記事8件

You cannot copy content of this page