悲劇は繰り返す

不動産屋から聞いた話千葉県富○市七○に実在する物件20年程前 その木造二階建の借家に住んでいた男が薬物に狂い隣人を包丁で刺したそうだ幸いにも隣人は軽症だったが 男は自宅前で灯油をかぶり業火に身もだえ 転がりながら息絶えたらしい当時はメディアも騒いだとのことであるが 数年後母子家庭の一家が入居した母と二人の子供(姉と弟)事件が風化していた訳ではないだろうが 何分にも生活が苦しかったらしい安価な家賃につられたのだろうが 後の悲劇を呼ぶこととなる

 

 

 

数年間は何事もなく過ごした様であったが弟が中学に入ると 人が変わった様にトルエンに狂いだした母親が地元の警察に相談し 何とか更正を望んだようだが 症状は悪化するばかり幻覚に慄き 全裸で表を徘徊する様になる両手に包丁を持って毒劇法違反などで何度も検挙されたが 中学生でもあり その措置は甘い地元では 件の男の祟りなどと噂されていたらしいが ・・・中学を卒業する頃 彼は姉を人質に自宅に立て篭もった迷惑な彼をたしなめた隣人に 手にした包丁で切りかかった末のことであった警察が出動し 彼は押えられた部屋から匂う異臭そう彼は部屋に灯油を撒いていたらしい連行する警察に 嫌な笑いを投げかけながら 彼が視ていたものそれは自宅の屋根の上何度もうなづきながら 屋根の上を見やる彼その後一家は離散したらしい今でもこの呪われた物件は存在する

               

                                                                                                                                                                                                                                               

                                                                                               

 

最新情報をチェックしよう!

短編の最新記事8件

You cannot copy content of this page