笑われた

水晶のブレスが、突然プチッと切れた。水晶がパラパラと音をたてて散らばった。慌てて拾う俺。

通行人がジロジロ好奇の視線で見る。(チッ、安物めッ)そう思いながら、かき集めポケットにしまう俺。

その時、一人の女がプッと俺を見て吹いた。カチンときた。でも笑われても仕方ない。額に汗浮かべて、必死こいてるし。

そう思って、少し離れた場所に飛んでいた水晶を取りに行った。その場所まで何秒もない。たどり着いた瞬間…

俺の何メートルか後ろをキキィィィッとブレーキ音とともに車が通りすぎ、歩道を乗り上げビルに突っ込んだ。

と、その後に『ぎゅえがぁぁぁぁぁっ』って変な悲鳴。見るとさっき俺を見て吹いた女が、壁と車のフロントでモガイテいた。

血の気がひいた。意識はあるみたいで、キチガイのようにモガイテた。目は見開いて、口から血を流し…

慌てて皆で車をバックさせて女を救助。抱えられた女が突然こっちを向き、ブハッと血を吐いた。

最後のブハッもきっと俺を見て笑ったんだろうな。

 

 

               

                                                                                                                                                                                                                                               

                                                                                               

 

最新情報をチェックしよう!

短編の最新記事8件

You cannot copy content of this page