縁(えにし)最強の霊

 

4人は無言で頷き合って、急いで車に戻って、急いで橋を離れた。

AとBは霊感こそないものの、ただならぬ空気を感じてはいたようだった。

D「とにかくやばい。うちの親父だろうと誰だろうと、絶対にあいつは祓えない。」

A「日本一というか、最強の除霊師でも?」

D「無理だと思う。あいつ、少なくみても30年以上はあそこにいる。昨日か一昨日辺りにも、

絶対に誰か落ちてるから。賭けてもいい。」

霊感のないAもBも男の姿を視認していたので、蒼ざめるばかりだった。

その後、肝試しに行ってから1ヶ月もしないうちに、Cが精神病院に入ってしまった。

3人はCに会おうとしたが、Cの家族から強く拒絶されてしまった。

あの時、谷底に降りるあの道を、Cは先頭に立って下っていた。

本当にやばかったのは橋の上ではなく、谷底のほうだったのだ。

 

 

橋の上の男も相当やばかったらしいけど、橋の下の谷底は

自殺者が叩きつけられて死ぬ場所だから、やばいという言葉では

到底形容できないほど危険な場所だった、という事らしい。

 

俺はと言えば高校の地学の実習でその谷底(竜の口渓谷)に昼間行った

んだが、濡れた岩場で滑って尻餅ついたぐらいだ。

 

赤い光か…本格的にやばそうだな。

近隣にある大学の授業でも、谷底に降りて地層を調べるための

実習をしている。尻餅程度で良かったなwww               

 

 

最新情報をチェックしよう!

短編の最新記事8件

You cannot copy content of this page