赤いクレヨン

一部屋だけ他と雰囲気の違う部屋があった。その部屋に入ると、いつもなにか違和感を感じていたのだが、ある日その部屋の廊下が、他の部屋より1m位短いことに気づいた。他の部屋よりも短い廊下が、いつもこの部屋で感じる違和感の原因なのかと友人は思ったそうだ。しかし、なぜ短いのだろうかと思い、廊下の突き当たりの壁を叩いてみるとどうやら本来の壁と、今叩いている壁との間に空間があるようだった。イヤな予感がした友人は支店長の許可をもらい管理人と一緒にその壁を壊してみた。友人:「白骨死体でも出てきた方がスッキリしたんだけどさ。」でも実際は、その空間の壁一面にびっしりと赤いクレヨンで”お母さん、お母さん、お母さん、お母さん、お母さん、お母さん、お母さん、お母さん・・・・”と書かれていた…そうだ。―――終了―――結局その”お母さん”は消さずに壊した壁を元に戻し友人はそのマンションの担当を後輩に譲ったんだって。

最新情報をチェックしよう!

短編の最新記事8件

You cannot copy content of this page