辞世の句

 

風源クチテ 短鬼シキトス流見スバ 五霊トシ火呪クチテ 長龍シキトス父ハ胃ノ中母ハ井ノ中兄ハ地ノ中姉ハ血ノ中上記の文は、大正時代に家族を皆殺しにした末男が死に際に自らとその家族の血で綴ったと言われる、辞世の句である。彼は、家族を恨んで皆殺しにしたのではなく彼の家が部落内でもよそ者として扱われておりある事件をきっかけに家族が想像を絶するような虐待にあった。彼はその事件のきっかけとなったため、家族に対する愛と虐待をした部落に対する深い憎悪のため、殺すことで家族を楽にし、自身が死ぬ間際にこの辞世の句を血で綴ったのだ。ここまで書けばお分かりだろう。この辞世の句にはある種の「呪い」がかけられているのだ。

 

 

 

彼はあなたに質問する。間違った答えだと、あなたはは死んでしまう。彼の問いは「僕はどこ?」答えは、日本人であれば句をじっくり読めばすぐ分かるだろう。分からない人間、それが彼にとってのターゲットだったのだから。

          

                                                                                                                                                                       

                                 

最新情報をチェックしよう!

短編の最新記事8件

You cannot copy content of this page